探偵ブログ

浮気を繰り返さない為にも、内容証明や慰謝料請求

浮気された被害者は、離婚する・しないに関わらず慰謝料請求をする流れが一般的です。

 

浮気している当事者と家族間が話し合って解決した場合でも、隠れて浮気が続いているケースは少なくありません。

 

今回は、浮気を繰り返さないために、慰謝料請求する手段を解説していきます。

 

浮気を繰り返さないための慰謝料請求

 

日本の法律において、不貞行為は民法770条により離婚が認められる不法行為とされています。

 

気持ちがある・ないに関わらず、既婚者が他の人と性行為をすることは不法行為とされ、被害者は損害賠償請求として慰謝料を請求することができます。

 

請求の対象は浮気相手とパートナーの両方に慰謝料請求をすることが可能です。

 

浮気問題は、浮気をしている当事者と家族を交えて話し合いによる解決を望む人も多くいます。

 

しかし、その場では深く反省した様子を見せていても隠れて浮気が継続しているケースは意外と多いです。

 

誓約書にサインをさせても法的拘束力は乏しいため浮気が継続されるリスクはあるので要注意です。

 

浮気を繰り返させないためにも、早期に浮気調査により証拠を入手して、慰謝料請求することをおすすめします。

 

慰謝料額はどうやって決まるの?

 

慰謝料額は、交際期間、密会の頻度、浮気相手が妊娠しているなどの悪質性といった多くの要素によって決められます。

 

交際期間が長く、性交渉の回数が多いことが分かり悪質性が認められるほど高額な慰謝料を請求できます。

 

そのため、慰謝料額はケースバイケースであり、一般的な相場は内容にもよりますが50万円から300万円程度です。

 

浮気の被害者は夫婦関係を修復するよりも、離婚を選ぶほうが精神的なダメージが大きくなると判断されて慰謝料も高くなる傾向にあります。

 

 被害者なのに高額な浮気調査をしたくないけど

 

浮気の被害者としては、自分は被害者なのに、なぜ探偵事務所に高いお金を払って浮気調査をしなければならないのか…と腑に落ちない方も多いと思います。

 

その気持ちは大変よく分かりますが、慰謝料請求とは法律行為です。

 

法的に認められる浮気の証拠を入手しなければ、訴えは認められません。

 

慰謝料請求の話になると、パートナーは急に態度を変えて「浮気なんてしていない」「喧嘩したからあの時は謝ったけど、実は浮気はしていない」と言われる可能性もあります。

 

その時、あなたは浮気の証拠がなければ、慰謝料が認められる可能性は低くなるでしょう。

 

証拠不十分により慰謝料が認められない場合は、泣き寝入りすることになります。

 

浮気されて離婚する・しない、どちらを選択するにしても浮気の証拠を入手することが大切です。

 

 

 

国内最多数の浮気調査実績があることから、様々な状況に応じたご提案が可能です。

 

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します