探偵ブログ

浮気調査の技術があれば予算を抑えて早期解決できるの?

旦那さん・奥さんが浮気をしている気配がすると探偵に調査してもらいたいと考える方は多いでしょう。

 

そこで気になるのが、浮気調査にかかる予算はどれくらいなのかということ。

 

浮気調査にかかる時間や日数はケースバイケースのため一概ではありませんが、相場を知ることは大切です。

 

浮気調査の費用が高額にならないように予算を抑える方法を見ていきましょう。

 

浮気調査の相場はどれくらい?

 

浮気調査の依頼料金は、樋本的に探偵の人数分の時給単価と諸経費によって算出されます。

 

日本調査業協会によれば、探偵2名で調査した場合の1時間あたりの相場は、2万5000円程度(交通費等の諸経費を含む)です。

 

浮気の証拠を早く欲しいと焦り、探偵を増やした場合は、調査費用も増えるので注意しましょう。

 

浮気現場が特定できなかったり、複数人いるケースはどうしても調査費用は高くなってしまいます。

 

浮気調査の技術があれば低予算で早期解決できる?

 

浮気調査の費用は探偵事務所によって異なり、交通費の諸経費や調査が長引く時の延長料金もそれぞれ違います。

 

浮気調査の実績が多く、高い技術を持つ調査員が揃ってる業者は早期解決しやすいと言えます。

 

浮気調査においては、どこまで結果を出して欲しいのかを事前に確認することも大切なポイントです。

 

例えば、慰謝料請求まで視野に入れ、裁判で使える動かぬ証拠が欲しい場合は早めに伝えるべきです。

 

証拠が不十分となった場合は再調査の費用を負担することになり、調査が長引くので注意が必要です。

 

浮気調査を予算内で抑えるために

 

浮気調査で費用を抑えられるケースは、浮気相手が初めから特定できている、不貞行為がある日時が分かっている場合です。

 

予め多くの情報を掴んでいる場合は予算よりも少ない費用で調査が成功する場合もあります。

 

調査期間が無駄に長くなると、費用もかさんでしまうので分かる範囲の情報はしっかり伝えることが大切です。

 

浮気相手と会う曜日、行動パターン、レシートから分かったラブホテルの名前、密会するための交通手段は押さえておきたいところです。

 

また、探偵事務所によっては、追加請求はないところがありますが、キャンセル料に関しては発生するケースが多いです。

 

契約時に分からない点はしっかり聞いておくと費用に対する不安を軽減できるでしょう。

 

浮気調査を低予算で依頼する時の注意点

 

予算が少ないからといって、短期間の依頼にすると浮気の証拠を掴めないまま調査終了となることもあります。

 

裁判で認められる確実な不貞関係が分かる証拠を入手するために再度依頼となれば、費用がかさむばかりです。

 

離婚調停、慰謝料請求を視野に入れた浮気調査の場合は調査期間を少し長めに依頼した方が安心です。

 

 

総合探偵社中央リサーチ広島 相談無料0120-30-6630

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します