探偵ブログ

既婚者である事を知らずに交際?

旦那さん・奥さんが浮気・不倫をしていることが発覚し、浮気相手が一言「既婚者だとは知りませんでした」。

 

これって信憑性はどれほどの物なのでしょうか?

 

「付き合っている人が既婚者だとは知らなかった」とは浮気をしている人の逃げる典型的なパターンです。

 

浮気相手に「既婚者とは知らなかった」と言い訳された場合はどうなる?

 

浮気相手に慰謝料請求する際に「既婚者だとは知りませんでした」と言い訳されるケースは良くあります。

 

「過去の判例」から述べると、これは単なる言い訳となり、逃げ切ることは難しいです。

 

不貞関係(性行為をしている関係)による損害賠償を請求するには、浮気相手に「故意」・「過失」があることが必要です。

 

「故意」とは、相手が既婚者だと認知しながらも不貞行為をしたこと。

 

一方で「過失」とは、相手が既婚者だと知らずに性行為をしたが、既婚者と気づくことができたケースです。

 

どういった場合に「過失」として認定されるかというと、以下のようなケースです。

 

・電話ができない時間帯がある

 

・相手の家に行きたいと言うと、いつも断られる

 

・クリスマス、年末年始など大型連休は会えない

 

・会うのはラブホテルや浮気相手宅ばかり

 

「故意」の方が悪質性が高いため、「過失」よりも慰謝料が高額になる傾向にあります。

 

浮気相手の「既婚者だとは知りませんでした」の言い訳は「故意」・「過失」に持っていくことができます。

 

ただし、弁護士によりますので浮気問題に強い弁護士をつけることも大切です。

 

広島で浮気調査をするならば中央リサーチへ

 

浮気相手の被害者はご自身なのですから、しっかりと相手の否を証明して、慰謝料を勝ち取ることが大切です。

 

お子様や経済的な理由で離婚は視野に入れなくても動かぬ浮気の証拠を入手していれば、自分を守る武器になります。

 

知らなかったと言い訳するのは浮気相手だけでなくパートナーも同じです。

 

夫婦喧嘩の時は素直に謝ったものの、裁判では180度態度を変えて、否定するケースも少なくありません。

 

浮気問題をどんな形で解決するにしても、浮気の証拠は必ず撮っておくことをおすすめします。

 

広島での浮気調査は地元密着型の中央リサーチに相談しましょう。

 

ベテランの調査員と55年の経験により、浮気問題の早期解決へ導きます。

 

LINEや電話、メールなどでも相談員が丁寧なカウンセリングを行っておりますので、ぜひ一度お話くださいませ。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します