探偵ブログ

浮気調査の証拠は離婚裁判に勝つ為の有力な証拠に

夫・妻が浮気をしてあると勘付いているけど、真実と向き合いたくない…と放置するケースは多いです。

 

しかし、浮気・不倫問題は放置しても自然と解決するほど簡単な問題ではありません。

 

時が経つに連れて、浮気の関係は親密となり、夫婦関係は修復不可能となることがあるのです。

 

手遅れになる前に、探偵事務所に浮気調査を依頼するメリットは大きいです。

 

浮気調査では不貞関係が分かる確定的な証拠を掴むことができるため、自分を守ることができます。

 

自分が被害者なのに不利な扱いをされずに、しっかりと理想的な決着をつけることができます。

 

離婚裁判を視野に入れるならば確定的な証拠が必要

 

浮気・不倫をされて被害が大きくなり、離婚裁判をして、浮気相手に慰謝料を請求したいとお考えの方は多いかと思います。

 

その場合は、パートナーと浮気相手が不貞行為をしていると証明できる証拠写真または映像が必要です。

 

慰謝料を請求する側がパートナーと浮気相手の証拠写真を嫌でも入手しなければ何も始まりません。

 

浮気調査や裁判で認められる浮気・不倫とは、何度も密会して性行為があったと分かる証拠がキーポイントです。

 

浮気相手とのLINEやメール、ツーショットの写真だけでは証拠として薄く、決定的な証拠にはなりません。

 

離婚調停や裁判で有効な証拠は性行為をしている関係だと分かる証拠を複数集めることが大切です。

 

例えば、ラブホテルに何度も出入りしている、宿泊旅行、浮気相手の自宅に複数回出入りする、カーセックスなどの写真や映像が挙げられます。

 

たった1回での写真は説得力にかけるため、滞在時間が分かる映像や複数回の撮影が必要になります。

 

不貞行為の証拠がない場合は憶測や推測と判断され、浮気相手からもシラを切られて終わります。

 

そうなると最終的に慰謝料を取れなかったり、金額が大幅に少なくなるケースがほとんどです。

 

慰謝料や財産分与、養育費や親権などを有利にするためには不貞関係が分かる証拠は必須条件です。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します