探偵ブログ

同じ浮気の証拠でも必要なのは裁判に勝てる証拠

探偵事務所に浮気問題をご相談される方の中で「ラブホテルのレシートを持っているので裁判に勝てるでしょうか」とおっしゃる方がいます。

 

「浮気の証拠は一つあれば十分ですか?」とよく聞かれますが、一つよりも複数の証拠があった方が有利になります。

 

浮気の証拠がたった一つでは裁判で浮気の証拠として十分ではない、と判断されることがほとんどです。

 

ではどうすれば、離婚裁判で浮気をハッキリと証明して精神的ダメージを受けた慰謝料を請求できるでしょうか?

 

 慰謝料請求や裁判で勝つには、きちんとした証拠が必要

 

浮気の被害を受けた代償として、浮気相手に損害賠償を請求するには裁判で認められる証拠が必要です。

 

証拠がない場合は、パートナーが浮気をしている真実が分からないため、裁判で勝つことはできません。

 

裁判費用などは全て自己負担となるため、精神的負担だけでなく経済的な負担も重なって負ける結果となります。

 

しかし、信頼できる探偵事務所に浮気調査を依頼して不貞関係が明確に分かる「調査報告書」を提出すれば、裁判に勝てる可能性は高いです。

 

証拠能力が高い証拠品を多く集めることがカギ

 

確実な浮気の証拠となるのは、証拠能力が高いとされる複数の証拠品です。

 

・浮気相手とホテルやマンションなどの出入りする映像または写真を複数点

 

・パートナーと浮気相手が浮気を認めた文書または音声データ

 

例えば、パートナーのスマホにあった浮気相手とのLINEやメールのやり取りは、複数の証拠を組み合わせることで証拠として認められる場合があります。

 

ツーショット写真やキスをしている写真も複数点あれば証拠能力が上がります。

 

ただし、浮気の証拠の数が複数あっても、慰謝料の金額が上がるわけではありません。

 

浮気の実態が悪質な行為と認められた場合は、受け取る慰謝料の金額に影響があります。

 

探偵は裁判や調停で勝てる証拠収集する

 

広島で55年の実績がある中央リサーチでは調停・裁判用の証拠収集なら勝てる証拠を入手します。

 

裁判・調停に必要な証拠や資料を収集するための浮気調査を徹底しております。

 

浮気調査において法廷用証拠として提出する調査報告書を求めている方は、是非一度ご相談ください。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します