探偵ブログ

暗いときの浮気の証拠写真は素人では難しい?

パートナーの浮気相手を自分の目で確認するために尾行や張り込みを自分でしたい方も多いでしょう。

 

しかし、浮気・不倫の現場は、深夜にラブホテルや浮気相手のマンションなどが多く見られます。

 

昼間の浮気・不倫現場もラブホテルの入り口は見通しが悪く、暗い場所がほとんどです。

 

浮気の証拠写真を撮影することは想像以上に困難であり、撮影技術や経験が求められます。

 

裁判でも通用する浮気の証拠を誰でも簡単に撮影できるならば、探偵事務所の存在意義がありません。

 

万が一、パートナーと浮気相手に尾行や張り込みがバレてしまった場合は、浮気の証拠を掴めず途中で中断します。

 

それだけでなく、逆に浮気の被害者である自分が訴えられるリスクもあるので要注意です。

 

暗い場所での浮気の証拠写真は特殊暗視カメラと技術が必要

 

探偵社は浮気調査中に特殊暗視カメラと呼ばれる高度なカメラを使用します。

 

深夜や暗いラブホテルの入り口、夜間の時間帯のマンションでも顔が分かるように撮影が可能です。

 

通常のカメラでは、暗い場所・夜間に光学的に撮影しても顔まで明確に写りません。

 

撮影技術力のある探偵社は100万円を超える特殊なプロ撮影機材を使います。

 

難易度の高い環境でも決定的な瞬間を逃さずに、証拠写真を掴むことができるのです。

 

探偵社のホームページには成功率100%と誇大広告を打ち出していても、肝心な撮影力がない業者もあります。

 

暗視カメラと一口に言っても様々なレベルがあり、近年の機材の進化は凄まじいです。

 

探偵社が暗視カメラを持っているのは当たり前のことで、どれだけ高品質な写真撮影ができるかが大切なポイントです。

 

探偵社に浮気調査を依頼する前に、実際に暗所撮影した不貞の証拠を見せてもらうことをおすすめします。

 

素人が浮気の証拠を撮影するリスク

 

探偵社に浮気調査を依頼すると、お金と時間がかかるし、プライベートのことだから自分で解決しようと思う方は多いです。

 

もちろん、浮気相手とのラインや写真、ラブホテルの明細書などを集めることが可能です。

 

ただし、真っ暗闇の中で裁判・調停で勝てる証拠写真を撮るには簡単ではありません。

 

万が一、バレてしまった場合は証拠を掴めず、慰謝料請求ができずに、不利な条件で離婚する結末になる可能性があります。

 

そのようなリスクを避けるためにも、調査力、技術力に優れた探偵社に依頼することをおすすめします。

 

言い逃れできない浮気の証拠を入手するなら「中央リサーチ広島」へ

 

浮気調査は地元のカンや行動予測に優れた探偵社を選ぶことも大切なポイントです。

 

広島で浮気調査を依頼を検討の方は、地元広島55年の実績を誇る「中央リサーチ」がおすすめ。

 

暗い場所や深夜の時間帯も高性能の暗視カメラと優れた撮影技術により、不貞行為の鮮明な証拠写真をキャッチします。

 

特殊な専門撮影機材で撮影した証拠写真は素人との差が一目瞭然です。

 

被害者であるご自身の将来を守るためにも決定的な浮気の証拠写真を入手することが大切です。

 

広島で裁判で勝てる鮮明画質の証拠写真はぜひ中央リサーチ」にご相談ください。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します