探偵ブログ

一般の方が自身で浮気調査して犯罪行為に?

ふとした瞬間にパートナーのスマホを見ると、付き合っている人がいるみたい?!

 

もしかして、旦那さん・奥さんが浮気・不倫をしているかもしれない…と気になったら行動をチェックしようと思う方は多いです。

 

プロの探偵のように尾行をして、張り込みをして証拠写真を撮ってやる!と怒り心頭する気持ちも分かります。

 

しかし、ちょっと待ってください。そこは冷静になる必要があります。

 

自分流に尾行や張り込みをしたり、個人情報を得るために行動すると、逆に犯罪者となってしまう可能性があるからです。

 

今回は、自分で浮気調査をするリスクについて見ていきましょう。

 

浮気調査は自分でできるの?

 

最近は、自分で浮気調査の証拠集めに活用するやり方がネット上でも話題になっています。

 

確かに、自分でできる浮気調査のやり方もいくつかあります。

 

例えば、スマホのLINE・メール履歴・通話記録・SNSを見るやり方が一般的です。

 

ロック解除すればスマホの中には証拠の宝と言われるほど不貞関係が分かる内容もあります。

 

ポケットや財布の中身を見たり、クレジットカードの明細、GPSで相手の行動を調べるやり方もあるでしょう。

 

しかし、自分での浮気調査は一歩間違えると違法行為にかるリスクが高いのです。

 

自分で浮気調査をするリスク

 

最大のリスクとしてはパートナー本人に浮気調査していることがバレてしまうことです。

 

パートナーに「何か疑われているな」と勘づかれると、警戒されて証拠が掴みにくくなるのです。

 

一度バレてしまうと行動に慎重になるため、証拠のメールや写真を消されたり、都合の良い言い訳をされることは良くあるパターンです。

 

パートナーとの関係性が悪化してしまうだけでなく、浮気相手からプライバシーの侵害と訴えられるリスクもあります。

 

自分で浮気調査をしている時は冷静にはなれず、知らぬ間に違法行為をしている可能性もあるのです。

 

例えば、尾行の際に道路交通法違反や住居・建造物へ不法侵入するリスクもあります。

 

盗聴器を仕掛ける時は不法侵入と器物破損、盗聴時は電波法と電気通信事業法にも罪に問われます。

 

確実に有効な浮気の証拠を入手するには?

 

探偵事務所は尾行と張り込みのプロですから、合法内で確実な証拠を掴むことができます。

 

探偵が浮気調査で行う尾行は基本的に調査員2〜3名体制で行うのが一般的です。

 

万が一のアクシデントや交通状況によって見失った時でも複数のルートで尾行が行いバレるリスクを抑えます。

 

不貞関係が分かる動かぬ証拠を撮影するため、裁判に発展した場合でも法的効力の高い証拠となります。

 

浮気相手に慰謝料を請求できる証拠を掴めるのが大きなメリットです。

 

自分で浮気調査をすると、思ったよりも難航して難しくなる可能性は高いです。

 

早期解決するには早めに探偵事務所に相談することが得策と言えます。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します