探偵ブログ

コロナの影響で浮気の実態が浮き彫りに?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、世界各地で外出自粛要請の波が広がっています。

 

日本でも多くの企業が在宅ワークを導入したり、学校は休みとなり、家族全員で過ごす時間が増えています。

 

浮気をしているパートナーは自宅で浮気相手と連絡を取り合い浮気がバレてしまうケースが増えているようです。

 

濃厚接触もウイルス感染経路になるとして、浮気相手と会えないと嘆く人もいます。

 

今回は、新型コロナウイルスの影響で浮気発覚が増えている現状についてお話します。

 

外出自粛により浮気がバレやすくなった

 

探偵社は新型コロナの影響により、在宅ワークが増えているので社内不倫の相談は減るかなと思っていましたが、逆に増えているのが現状です。

 

ラブホテルでの蜜会やお泊りデートも自粛せざるをえず、自宅から浮気相手に何度も連絡せざるを得ません。

 

キャバクラやクラブで感染してバレるケース

 

都市部でのウイルス感染経路はキャバクラやクラブで広まったと言われています。

 

密室な空間で近距離で人と話すため、猛スピードで感染するリスクが高くなります。

 

お気に入りのキャバ嬢と浮気をしていた場合なども、ウイルス感染により浮気がバレてしまう事もあるのです。

 

妻に海外出張と言って不倫旅行へ行き、帰国後に高熱の症状が出て新型コロナウイルスに感染したケースも。

 

感染経路の特定が始まるので、妻に不倫関係や嘘をついたことを全てを話すことになったのです。

 

新型コロナウイルスが原因でパートナーの不倫や浮気がバレたら?

 

そもそも本来、春は歓送迎会や新年会など浮気が増えるシーズンです。

 

しかし、2020年は新型コロナウイルスの外出自粛要請により、浮気が発覚してしまうケースが増えています。

 

広島で浮気調査解決実績No1を誇る中央リサーチでは3密防止など健康と安全に配慮した調査を実施しています。

 

また相談員と調査員は手洗い・うがいを欠かさず、オフィスにはアルコール消毒液を設置しています。

 

相談室もスタッフが丁寧に清掃と除菌をしていますので、安心してご相談ください。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

ご相談・お見積無料!親身になって対応致します