探偵ブログ

一般の方が想像するより不貞の証拠は撮りにくいもの?

パートナーが浮気をしていると分かり、「浮気の証拠を入手したいけど自分で撮影できないかな…」とお考えですか?

 

パートナー・浮気相手に慰謝料請求を視野に入れるならば、裁判で不貞関係が分かる決定的な証拠が求められます。

 

不貞関係とは「性的関係にある」と断定できる強い証拠のことです。

 

ラブホテルの明細書、キスの写真や待ち合わせのメールなどは不貞関係の証拠としては残念ながら不十分といえます。

 

もちろん証拠も浮気を証明するために役立ちますが、不貞関係と断定できるものではありません。

 

不貞関係が分かる証拠とは、ラブホテルや浮気相手のマンションに何度も出入りする写真、車内セックスなど性的関係が分かるものです。

 

自分でパートナーの後ろを付いていき、不貞の証拠を撮影するのは想像以上に難しい作業です。

 

自分で浮気・不倫の証拠を集めるには?

 

ご自身で浮気・不倫の証拠を集めるには、ラブホテルのレシート、LINEメッセージ、旅行の写真など、なるべく多く集めておくことです。

 

一つの写真よりも複数の証拠を集めたほうが証拠能力が高くなります。

 

しかし、ここで注意したいのは証拠を集めるのに必死になって違法行為をしないようにしてください。

 

勝手にGPS装置や盗聴器を仕掛けたり、私有地に侵入したり、違法な方法で証拠を集めると証拠が却下されます。

 

それだけでなく、自分がプライバシーの侵害や不法侵入で訴えられる可能性もあるので注意が必要です。

 

また、証拠集めをしている最中にパートナーに気づかれた場合は、警戒を強めて難航化します。

 

決定的な不貞の証拠は信頼できる探偵社に依頼しよう

 

浮気の現場は暗闇や深夜の時間帯も多く、高性能なカメラを持っていてもバレるリスクは高いです。

 

自分でリスキーな証拠集めをするよりも、不貞行為が分かる強い証拠を獲得することが最善策といえます。

 

浮気調査の実績があり、調査に定評のある探偵社に依頼すれば、リスクを抑えて不貞の証拠を確保することが可能です。

 

不貞の証拠は、調査報告書自体が立派な証拠となり「認められないリスク」をさけることができます。

 

信頼できる探偵社の選び方

 

不貞の証拠を入手するには信頼できる探偵事務所・興信所に依頼することが大切です。

 

近年は、高額な費用を請求したり、調査力や撮影技術がなく、適当な調査をする業者が横行しています。

 

信頼できる優良探偵事務所は料金体系を明らかにしており、高額な料金を請求しません。

 

探偵業の実績が長く、これまで多くの浮気調査の経験がある業者を選ぶと安心です。

 

カウンセリングの際に疑問点に丁寧に回答してくれること、そして報告書のサンプルも見せてもらいましょう。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します