探偵ブログ

出会い系サイト・アプリでよくある!探偵の在籍確認の結果、職業が大嘘だったケース3選

最近よくお客様に相談されるのが、出会い系サイトで知り合った婚約者の職業が知りたいというご相談です。

 

一昔前までは交際相手の職業がわからないまま結婚話を進めるなんてありえませんでしたが、最近は出会い系サイトや婚活サイトの普及によってこのような相談が増えてきました。

 

そして実際に婚約者の職業を調査してみると、話が嘘だったというケースがあるのです。

 

会社経営者や歯科医、外資系勤務といったハイクラスに見せて偽るケース、実は無職で昼間はパチンコ三昧というケースもありました。

 

女性においては風俗店で働いていたり、無職な上にクレジットカードの負債で借金まみれだったというケースも…。

 

今回は出会い系サイトアプリで知り合ったで職婚約者の職業が嘘だった事例をご紹介しましょう。

 

職業が大嘘だったケース1

 

20代後半の女性が出会い系アプリで知り合った男性と結婚の話を進めていました。相手の男性は自分の職業は外資系の医療メーカーに勤めている営業マンだと言っていて、年収1,000万円あると話していたそうです。

 

しかし女性は一度も勤務をしている証拠を見たことがないため、結婚する前に事実確認をするべく在籍確認を依頼されました。

 

調査した結果、その男性は無職で昼間にパチンコばかりしていたのです。過去に転職を何度も繰り返していて、聞き込み調査でも定職に就いたことがないと発覚しました。

 

もちろん年収一千万円で外資系医療メーカーというのは真っ赤な嘘で、どの会社にも在職していないという驚きの結果となりました。

 

職業が大嘘だったケース2

 

こちらのケースも出会い系サイトで知り合った男性の職業が分からないため、結婚する前に在籍確認をしてほしいという依頼でした。

 

その男性は都内の IT 企業に勤める営業マンと話しているそうですが、調査をした結果、ネズミ講と思われるネットワークビジネスに関わる企業に勤めていることが発覚しました。

 

価値のない情報を100万円で売りつけるといった手法をとっており、すでに国民生活センターに被害の報告が100件以上届いていることもわかりました。

 

女性はそのような仕事をしている人とは結婚を考えることができないと別れを決断されました。

 

職業が大嘘だったケース3

 

30代の男性から結婚相談所で知り合った7歳年下の女性の仕事が把握できないと在籍確認の調査依頼がありました。

 

調査を開始すると女性は風俗店を2店掛け持ちしていることが発覚しました。男性には保育士をしていると話していたそうですが、髪型が派手なため、おかしいと思っていたそうです。

 

女性は風俗店勤務を隠し続けて男性と結婚するつもりでいましたが、今回在籍確認で事実が発覚したため、婚約は破棄になったそうです。

 

探偵の在籍確認は相手にバレない?

 

相手の職業を知りたいけれど、相手に探偵が調査したことがバレてしまわないか…と心配な方も多いかと思います。

 

プロの調査員は相手に分からないように工夫して調査しますのでバレてしまう可能性はほとんどありません。悩みのことは一度ご相談されることをお勧めいたします。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します