探偵ブログ

探偵が見た結婚詐欺師の金銭トラブル!お金を貸して欲しい理由ランキング

最近は、長引くコロナ禍によって、大きな婚活イベントやパーティーの開催が少なくなっており、婚活サイトやアプリで婚活されている方が増えているようです。

 

最近、このような相談が増えています。ネットで知り合った人と結婚前提に付き合い始めて、相手からお金を要求されて渡したら、逃げられてしまったというケースです。

 

結婚詐欺師には色んなタイプがいますが、ネットでよくあるのが金銭目的で人に近づき、お金を取ってから逃げるパターンです。

 

今回は、探偵調査員が見た結婚詐欺師がお金を貸してといってくる3つのよくあるパターンをご紹介しましょう。

 

1位 知り合いの保証人になっていて急にお金が必要になった

 

友人や親戚など、誰かの保証人になっていて、本人が支払えないので、急にお金が必要になったという理由です。

 

基本的に結婚詐欺師は結婚前提に付き合っていて、もしくはすでにプロポーズをしていて、相手を安心させておいて、金銭を要求してくるというパターンです。

 

切羽詰まった様子であれば、本当は自分が消費者金融や銀行で借金をしている可能性がありますね。

 

「保証人になっているから、一時的にお金を貸してくれない?」と尋ねられたら、結婚詐欺師である可能性を疑いましょう。

 

2位 家族が病気になった・事故にあった

 

「家族が大病して、手術をするから、まとまったお金が必要になった」とか、「家族が交通事故にあってしまい、入院費用が必要になった」と金銭を要求することがあります。

 

結婚詐欺師は、お金が必要なのは自分ではなく、家族や知り合いの保証人など、他の人だと語るケースが多いです。

 

自分が病気になったり、事故にあったと言っても、信憑性はありませんから、家族や友人をネタにして、金銭を要求してくるのです。

 

結婚相手の家族が命に関わる状況にあるならば、つい言われたとおりに、お金を渡してしまう方もいるのではないでしょうか。

 

3位 一緒に住むマンションの頭金が必要

 

ネットで知り合った結婚詐欺師は、とにかく早い段階で相手にお金を出させて、素早く逃げるつもりでいます。

 

よくあるパターンが二人で住む優良物件を見つけたから、早く頭金を入れて、予約をしたいから、まとまったお金を用意しておいて、というパターンです。

 

結婚を前提に付き合っている場合は、二人で住むマイホームと言われただけで、気分が舞い上がってしまうかもしれません。

 

しかし、数百万円を渡した後に、婚約者と音信不通になり、後から結婚詐欺師だったと分かったケースが多発していますので、婚活中の方は、十分に注意が必要です。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630