探偵ブログ

弊社の探偵は通常100万を超える機材を使い調査に臨む

探偵のホームページを見ていると、撮影機材や見たことのない専用機材の写真が掲載されているのをよく見かけます。

 

探偵事務所を選ぶ際は、どんな最新機材を使っているのかチェックすることが大切です。

 

今回は、探偵事務所の専用機材について詳しく見ていきましょう。

 

浮気調査で必要不可欠な専用機材

 

探偵の主な仕事は、証拠となる画像や映像を依頼主に提出することです。

 

より有力な情報を集めるために専門的な撮影機材を使って写真・動画を入手し、報告書に添付して提出します。

 

浮気調査はラブホテルに入る瞬間を撮影するため、夜間撮影となることが多く、暗視カメラ、赤外線、超望遠カメラなどが必要です。

 

専門機材は数十万円〜何百万円する高価な撮影機材が使われ、探偵の技術との融合で鮮明でハッキリした写真・動画を入手できるのです。

 

高価な専用機材を持っていても技術がなければ意味がない

 

探偵事務所が高価な専門機材を持っているとアピールしていても上手に使いこなせるスキルがなければ意味がありません。

 

優良や探偵社事務所の場合は、新人の調査員には基本的な撮影機材の使い方を教えて、一人前になってから業務を任されます。

 

浮気調査を依頼する際は、専用機材を持っていることはもちろんのこと、それを使いこなせる高度なスキルがあるか、チェックすることが大切です。

 

探偵事務所のホームページには、報告書のサンプル画像などが掲載されており、画像の鮮明度などを確認できます。

 

 探偵の老舗である ㈱中央リサーチの探偵は通常100万を超える機材を使い調査に臨む

 

㈱中央リサーチの調査員は、100万円以上の高スペック機材を駆使し暗い所でもはっきり撮影できる技術と高度な尾行テクニックに定評があります。

 

高価で複雑なカメラを使い撮影を行い、撮影技術を磨いたベテランが揃っているので、調査結果の質の高さに現れています。

 

撮影技術はもちろんのこと、難しい調査でも対象に見つからないようにする尾行技術も身につけているので安心して任せることができます。

 

 

 

 

私達にしか出来ない事を探偵の技術で!

最近は、ネット上に自分でできる浮気調査のやり方が公開されていることもあって、チャレンジする方が増えているようです。

 

一般に販売されているカメラも機能性が高いものも多いため、探偵に依頼しなくても「自分でやりたい」と思う方は多いでしょう。

 

そもそも、浮気された身であるのに、探偵事務所に高額な料金を支払うのは気が進まない方も多いはず。

 

しかし、自分で行う浮気調査はリスクが高く、バレてしまったら、探偵に依頼しても難航するのでおすすめできません。

 

今回は、探偵事務所だからできる浮気調査の技術について解説していきます。

 

浮気調査に使用する機材はどんなもの?

 

浮気調査における証拠撮影は、対象者の動きや周辺の状況によって、カメラを使い分けていきます。

 

例えば、夜間にフラッシュなしでも撮影できる超高感度カメラ、暗視カメラ、赤外線カメラ、CCD、数キロ先まで撮影する超望遠カメラが挙げられます。

 

人が多い繁華街では市販のデジタルカメラを構えていても問題ありませんが、夜間に郊外で大きなビデオカメラを抱えていると、周辺住民から不審者扱いされます。

 

浮気調査は多くの調査機材を事前に用意しておき、状況に応じて使用機材を使い分けています。

 

張り込みや監視が難しい場所では、特殊機材を用いて遠隔で監視することも。

 

決定的な不貞行為を見逃さないために、探偵は様々な調査機材を使いこなせなければなりません。

 

遠方から撮影する望遠撮影

 

対象者と浮気相手がマンションなどに出入りする場合は、探偵調査員が進入して撮影すると、不法侵入のリスクがあります。

 

鮮明な浮気の証拠を撮影できたとしても、民事裁判では違法性があるとして、認められない可能性もあります。

 

そのような時は、望遠撮影システムで遠方から撮影をすれば、遠隔地からでも撮影することが可能となります。

 

確実な浮気の証拠は探偵事務所に依頼しましょう

 

浮気調査はプロの調査員でも様々な機材を適材適所に使いこなしているのです。

 

自分で浮気調査をすると、各法令などの知識はなく犯罪になったり、バレてしまう可能性も高く、それ以降は証拠を掴みにくくなるので注意が必要です。

 

確実な浮気の証拠は、信頼できる探偵事務所に依頼することをおすすめします。

 

 

 

 

バツイチ、バツ2は当たり前だから事前の結婚調査

結婚相手には、お付き合いをしている段階で結婚歴・離婚歴があれば、正直に話すことが筋と言えます。

 

しかし、結婚を意識している彼氏が実はバツイチだった、いやいやバツ2だった!と結婚後に分かるという驚きのケースが増えています。

 

日本の離婚率増加に伴って、再婚する人も増えていますが、過去に結婚していたことを隠している人が多いのです。

 

年上の彼氏はバツイチ子持ちだと判明したケース

 

探偵事務所に寄せられた親子さんの依頼ケースを見ていきましょう。

 

娘さんが結婚相手を連れてきて紹介してもらったのですが、年が15歳も上なので、結婚歴・離婚歴がないかどうか調べてもらいたいという依頼でした。

 

娘さんは相手の親御さんと会って挨拶をしたいと言っているのになかなか会わせてくれず、やっと初対面の挨拶の時も年上彼氏が話をはぐらかせることがあり、気になっていたようです。

 

親子さんは、娘さんがスッキリしないまま結婚するのは納得できないと思い、結婚調査することを決めたようです。

 

娘さんには結婚すると決めて結婚相手を信用しているので、娘さんには分からないように探偵の結婚調査を進めることに。

 

その後、年上彼氏には『バツイチ・子供が二人いる』という信じられない事実が発覚しました。

 

後から考えれば、年上彼氏はなぜか入籍を急いでいたようで、娘さんの気持ちが離れないように必死になっていたようです。

 

娘さんは真剣に考えた末、嘘を疲れていたことにショックを受けて、年上彼氏との別れを決意しました。

 

年上彼氏は子供3人分の養育費を支払う義務があるということで、結婚話は白紙になったのです。

 

結婚調査のメリットは事前にトラブルを防ぐこと

 

結婚調査をして、バツイチ、バツ2、子持ちだったという事実が分かっても、結婚に踏み切るか、諦めるかは本人次第です。

 

バツ2の子持ちと結婚しても幸せな家庭を築いている人はたくさんいるのです。

 

しかし、結婚歴・離婚歴があるといった事実を結婚相手に隠している行為は正しいとは言えません。

 

今後の長い結婚生活において「なぜ結婚する前に言ってくれなかったのだろう…」と相手を攻めることになるかもしれません。

 

結婚前に相手の離婚歴や養育費のことも知らないまま結婚式をして、後から事実が分かり、スピード離婚するケースも増えているので注意が必要です。

 

広島の結婚調査は中央リサーチがおすすめ

 

結婚した後に相手の真実が分かっても、簡単に別れられるものではありません。

 

大好きな相手、結婚相手を疑う気持ちはなくても、いざ結婚調査をしてみると、自分が知らなかった真実が分かることがあります。

 

広島で結婚調査を検討中の方は、丁寧なカウンセリングと質の高い技術に定評のある中央リサーチがおすすめです。

 

ぜひ、後悔のない結婚生活をスタートさせるためにも探偵の結婚調査をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

探偵事務所の浮気調査は技術面での格差あり?

初めて探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、経験が豊富で高い技術のある業者を選ぶことが大切。

 

浮気調査の技術は探偵事務所によって異なるのでよく確認しましょう。

 

今回は、探偵事務所の浮気調査の技術について解説していきます。

 

浮気調査の技術!尾行のポイント

 

浮気調査の技術の高さは、「気づかれずスムーズに尾行し映像が撮れるか」です。

 

対象者が行動するたびに、見失わないように、見つからないように跡を付けていきます。

 

一般的には訪れる場所に自然と馴染むように、浮気相手とディズニーランドでデートをする場合の男女の調査員、パチンコ屋の場合は複数の男性が尾行します。

 

尾行の鉄則は自然に振舞い、その空間に溶け込んで対象者から目を合わさないことです。

 

浮気調査の技術!張り込みのポイント

 

張り込みは浮気調査において、忍耐力と集中力が求められます。

 

場合によっては、長時間、数日張り込むこともあり複数人のチーム制で行います。

 

張り込みは、対象者や周囲の人にも怪しまれずに、浮気の証拠写真を撮ることが目的です。

 

浮気相手の自宅周辺で、車の中に座って長時間監視していると、近所の人に通報されるリスクもあるので慎重に張り込みます。

 

探偵は不審者にならないように現場に溶け込む服装をすることも大切です。

 

複数人で行うと、監視の目が届きやすく、浮気相手との密会や決定的な場面を逃さずにキャッチします。

 

浮気調査の技術!撮影のポイント

 

探偵事務所は、夜間撮影用超高感度カメラを使用し、夜中でもフラッシュなしで対象者がはっきりと分かるように撮影します。

 

また、静止画だけでなく、動画で撮影することで、ラブホテルの滞在時間、二人の仕草や表情までもキャッチできるのです。

 

浮気調査の技術!聞き込みのポイント

 

聞き込み調査は、浮気調査において知りたい情報を第三者と話をして聞き込むことです。

 

聞き方を間違えてしまうとバレてしまうため、探偵の聞き込み技術は特殊といえます。

 

相手の話し方や言葉を察知しながら、適切な情報を収集するため対象者にバレないように調査を進めて行きます。

 

 

 

 

 

 

知らん顔は自分を守る為?いじめ未解決要因か?

いじめの問題は、いじめる人、いじめられる人、その周囲の人間や教師など、多くの人間が存在するため、対応することが難しい社会問題の一つです。

 

いじめられる人は、家族や教師など、周囲の大人に助けを求めることもできず、悲しい結末になるケースが跡を経ちません。

 

今回は、最近のいじめ問題の特徴について解説していきましょう。

 

最近のいじめ問題の特徴

 

いじめる側の子供は、はじめはからかったり冗談のつもりで、「デフ」「バカ」など言葉を浴びせて、その反応を見て楽しんでいます。

 

加害意識はなく自分は悪いことをしている気持ちはなく、グループで冗談感覚を楽しんでいる状態です。

 

しかし、次第にそのゲーム感覚がエスカレートして

「汚い」「死ね」といった人間を強烈に傷つける言葉を吐いて、歯止めが利かなくなっていきます。

 

はじめはゲーム感覚で笑っていた仲間たちも「これはヤバイよ」と思いながら、知らん顔をします。

 

なぜなら、リーダー的なボスのいじめ行為に「止めなよ」「ひどいよ」と言うと、今度は自分にいじめの矛先が向かってくるからです。

 

いじめ行為はどんどんエスカレートする特徴があり

加害者はやめられなくなります。

 

はじめは言葉から始まっても、次第に蹴ったり、殴ったり、盗みを強要させる、といった暴力的ないじめに発展することもあります。

 

いじめられる子供も周囲の子供も知らん顔するのは自分を守るため

 

いじめ行為を見て、周囲の子供が、「やりすぎだよ」「やめなよ」といえば良いのに…と思いますが、多くの場合知らん顔して見てみぬふりをします。

 

それは、いじめ行為を注意したら、今度は自分がいじめらてしまうからです。

 

自分はいじめと無関係でいたい、自分を守るために知らん顔をするのです。

 

いじめられている子どもも、自分がいじめられているという被害意識が強くないことも特徴です。

 

いじめられているという事実を認めたくないので無視をする、いじめられても仲間に入れて欲しい、といったこどもながらの心情があります。

 

いじめる子といじめられる子供の対象はちょっとしたキッカケですぐに変わるので、教師や親はいじめを発見しにくい特徴があります。

 

いじめ問題は包括的な問題解決が求められる

 

いじめ問題は、複数の要因が複雑に絡み合い、多面的から問題を捉える必要があります。

 

近年の学校教育は、学力重視の教育体制となっており、知的能力を重視して多方面から子どもを評価することが少ないです。

 

勉強ができないと落ちこぼれの劣等感を抱えて欲求不満となり、他者を攻撃するといったいじめ行為に繋がります。

 

近年は、教師への管理体制が厳しいことによるストレスから、教師が言葉の暴力など、子どもをいじめることもあるので急速な改善が求められます。

 

最近のいじめ問題は、生命の危機的状況へと追い込むほど、心理的苦痛を伴います。

 

複雑ないじめ問題は包括的な問題解決が求められる時期に来ているといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSの簡易調査は料金必要ですか?

いつも車で移動する旦那さん・奥さんが浮気をしていると分かると、違法性のない条件を満たしていれば探偵事務所にGPS簡易調査を依頼すると行動パターンを掴むことができます。

 

いつもより走行距離が多く、怪しいと感じたらGPS簡易調査を依頼すると事実がわかるのでおすすめです。

 

そんなGPS簡易調査は多くの場合、低料金に設定されていますが無料でやってもらえたら嬉しいですよね。

 

今の時代、GPSはスマホで検索するだけなので無料で使うことができます。

 

しかし、結論から言えば、一般的に検索料は無料ですが対象者の車やバイクにGPSを設置するので、その時は費用はかかってきます。

 

浮気・不倫の低料金GPS簡易調査とは?

 

GPS簡易調査の内容は、パートナーの車両やバイクにGPSをセットして行動パターンを掴みます。

 

GPSで検索すれば、ラブホテルや浮気相手の自宅へ行くかどうかを確認することができます。

 

パートナーが車に乗って浮気相手と会っているかも…と感じている方は、GPS簡易調査を依頼すると事実が明らかになります。

 

ただし、GPS簡易調査は調査員が尾行や張り込みをして、鮮明な証拠撮影を取る業務はありません。

 

パートナーの浮気・不倫を疑惑している段階において、浮気の真実を確かめたい時に役立ちます。

 

本格的な浮気調査の前に簡易調査を実施しておくと無駄がなくなるので効果的です。

 

GPS簡易調査は、調査対象者が車やバイクを使用していない場合は実施できないので注意しましょう。

 

GPS簡易調査の調査期間はどれくらい?

 

探偵事務所によって受け付けている調査期間は変わりますが、1週間から3週間くらいとなります。

 

全く浮気・不倫している様子がない場合は3カ月間くらいのサービスとなるケースもあります。

 

GPSの簡易調査は費用相場は?

 

GPSの簡易調査にかかる費用は浮気調査よりも低料金に設定されています。

 

GPS簡易調査の相場は約5万円から10万円です。

 

あくまでもGPSを使って対象者の動きを把握する調査になるに留まります。

 

確定的な浮気の証拠(画像や動画)を入手したい方は、浮気調査を依頼することをおすすめします。

 

 

浮気調査の完全成功報酬制の契約は割高?

完全成功報酬制とは、成果が得られた場合に成功報酬を支払うプランのこと。

 

もし、浮気の証拠を入手できなかった場合は調査料金は0円になるため、依頼主としてはリスクがなく人気があります。

 

しかし、お得なはずだった完全成功報酬制を選んだら高くなってしまった…と後悔するケースも増えています。

 

本当は、浮気調査の完全成功報酬制は割高なのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

完全成功報酬制は高額になりがち

 

完全成功報酬制は、成果が出なかった場合は0円になるため、探偵側としてはリスクの高いやり方です。

 

完全成功報酬制を採用している探偵でも、事前に浮気の事情を確認した上で、完全成功報酬制を適用するか決めています。

 

どんなケースでも完全成功報酬制を採用している訳ではありません。

 

例えば、浮気していることが確実に分かっており、

密会する日が分かっている場合は、採用されやすくなります。

 

浮気の確証がない場合は、完全成功報酬制で依頼できないことが多いです。

 

つまり、比較的調査しやすいケースのみ採用され、成果報酬が高めに設定されているのが現状です。

 

調査しやすいケースならば、わざわざ高額な完全成功報酬制を選ばなくても、通常の料金プランを用意している探偵に依頼した方が安くなることが多いです。

 

高額になりがちな完全成功報酬制をあえて選ぶ意味がないというわけです。

 

完全成功報酬でのトラブルに要注意

 

完全成功報酬制は成果基準を満たさなければ報酬が発生しないため、依頼主としては安心です。

 

しかし、成果基準とは何なのか、明確にしなければ後々トラブルになる可能性があるので注意してください。

 

浮気の証拠を撮ったことを成功とするのか、浮気の事実が分かっただけで成功になるのか、契約書の記載事項をよく確認しましょう。

 

そして、悪質な業者の場合、浮気の証拠が取れそうになっても、わざと調査期間を引き伸ばして、金額を引き上げていくケースもあります。

 

完全成功報酬を使うことによって、途中で調査を止めることができず、諸経費がどんどん増加していくリスクがあります。

 

契約時には調査期間の記載事項があるかも確認し、期限内に不貞の証拠で成功報酬が適用なのか詳しく確認しましょう。

 

 

 

 

何も知らずに結婚しても幸せ掴める?

最近は、急速なインターネットの普及により、オンライン上で出会いを求める人が急増しています。

 

それに伴って、探偵事務所に寄せられる結婚調査の御依頼も増えています。

 

今回は、近年の結婚調査の依頼内容に大きな変化が現れているというお話をご紹介したいと思います。

 

「結婚相手の基本情報さえハッキリ分からない」というケースが急増しているのです。

 

結婚相手のことを何も知らずにして、本当に幸せを掴むことができるのでしょうか?

 

結婚相手の名前も知らないケースもある?

 

数十年前までは、結婚調査の場合、結婚相手の名前や住所、職業などの基本情報はある程度理解しているケースが殆どでした。

 

結婚相手の名前や住所、職業は知っていることが前提として、親・兄弟はどのような人なのか、勤務先の会社は安定しているのか、といった内容が多くありました。

 

しかし、近年はSNSや婚活サイト、出会い系サイトなどで知り合った相手と交際に発展し、結婚話へ進んだものの、「相手の住所や勤務地を知らない」というケースが急増しているのです。

 

それだけでなく、結婚相手をニックネームで呼び合っていて、「本名すらしらないけれど、結婚したい」と考えている人もいるので驚きです。

 

結婚調査の依頼内容が変わってきている

 

近年は、結婚相手とオンライン上で知り合うケースが増えており、名前や住所、勤務地、家族構成などの基本情報を知りたいというケースが増えている傾向にあります。

 

相手のことを知らなすぎても結婚して幸せになれるのか?

 

結婚相手とは一生を共にする相手であり、自分の将来を共にするパートナーです。

 

結婚について安易に考えている人が増えていること

は事実であり、それが離婚率や人工中絶率の増加に繋がっていると考えられます。

 

特に女性は出産年齢を意識すると、結婚することに焦ってあまり相手との相性を考えずに結婚に踏み切るケースも見られます。

 

しかし、勢いで結婚すると、結婚後に本当の性格は身勝手な人だと分かったり、ギャンブル癖や交友関係に非行性の人が多いと判明する可能性もあるのです。

 

結婚調査の重要性

 

「恋は盲目」とよく言いますが、結婚相手を意識した恋人に対して疑いの目を向ける気持ちは誰でも起こりません。

 

自分に対してはとても優しく、人間的にも素晴らしいと感じて人生を共に生きようと思っていても、後から後悔すると離婚のリスクは高まります。

 

探偵事務所に結婚調査を依頼すると、結婚相手の性格、素行などの人柄について、第三者目線で客観的に見ることができるのがメリット。

 

人間は好きな人の前では優しくて気遣いができていても、生活面では素性が出ている人は少なくありません。

 

結婚相手が隠したがる要素としては本人や親・兄弟の金銭問題、浪費癖、ギャンブル、浮気癖がある、セフレがいる、といった問題が挙げられます。

 

これから結婚しようとする相手には過去の問題は正直には話さない人が多いのです。

 

結婚前から多額の借金があったり、浮気癖があれば

健全な家庭を築くのが困難になるでしょう。

 

相手のことをよく知らずに結婚へ踏み切る前に、気になる点は結婚調査をすることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

 

急な別居に裏がある隠された真実とは?

パートナーから突然「別居したい」と言われたり、家に帰って来なくなった場合は、「浮気しているのでは?」と勘がよぎります。

 

急な別居にはどんな真実が隠されているのか、探偵事務所の目線で解説していきます。

 

別居中の相手も浮気調査できるの?

 

夫・妻が急に別居すると言い出して帰ってこない場合でも、探偵事務所に浮気調査を依頼することができます。

 

むしろ、別居中のほうが浮気の証拠を手に入れやすいケースが多いです。

 

通常、夫婦が長期別居している場合は、「夫婦関係が破綻している」と判断できます。

 

しかし、夫・妻が突然家を出て別居すると言い出した場合は、同居義務や協力義務を放棄したとみなされて、「離婚の有責がある」と考えられます。

 

浮気されて、突然「別居する」と言われたら怒り心頭ですが、そこは冷静になって、まずは浮気の証拠を集めることが大切です。

 

夫婦関係を修復させたい場合でも浮気の証拠は必要?

 

夫・妻と別居中だけれども、将来的には夫婦関係を修復させたい…と考えている方も浮気の証拠があると話し合いを有利に進めることができます。

 

そもそも、浮気の証拠がなければ夫・妻は浮気を認めずに、身勝手な理由で離婚を突きつけてくる可能性があります。

 

別居中の夫・妻と夫婦関係を修復させたい方は、探偵に早期に浮気調査を依頼して、証拠を確保しておくことが大切です。

 

広島の浮気調査は55年の実績!中央リサーチへ

 

長期間別居の浮気でも確実な証拠を集めることで、慰謝料請求が可能なケースがあります。

 

最終的に離婚する・離婚しないにしても、確実な浮気の情報や証拠を集めれば、有利に話を進めることができるのです。

 

別居中の浮気調査は早期に始めると、夫・妻に勝手な言い訳をされずに自分を守ることができます。

 

広島での浮気調査は、実績豊富な中央リサーチに相談すると、最適な解決策を提案してくれます。

 

電話やメール、LINEでも相談員が無料相談を受け付けているので、ぜひ気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

刑事と探偵の仕事の違いは?

テレビドラマに出てくる探偵は、格好良くて機敏に問題を解決してくれるイメージがありますよね。

 

普段、探偵の仕事を目の当たりする機会は多くないので、探偵と警察の違いははっきり分からない方も多いのでは?

 

そこで今回は、警察の捜査と探偵の調査の違いについて解説していきましょう。

 

警察の捜査と探偵の調査の違い

 

探偵と警察の大きな違いの一つには、民事と刑事の違いが挙げられます。

 

分かりやすく言えば、警察は刑事、探偵は民事を扱います。

 

例えば、未成年の娘が自宅に帰って来ない場合、犯罪に巻き込まれた可能性があるため刑事となり、警察は調査に動いてくれます。

 

しかし、成人の家族が帰って来ない場合は、自己都合の可能性があるので民事となり、探偵しか調査できません。

 

嫌がらせ・ストーカーの調査は?

 

従来、ストーカー事件による殺人事件が増えた際に、警察の捜査の悪さが話題になったことがあります。

 

当時は刑事法上法律に合わせて、警察は動くことができなかったのです。

 

現在は、ストーカー規制法が制定されたことにより

警察は動けるようになりました。

 

ただし、ストーカー行為の証拠を揃えて、事件性があることを認めてもらう必要があります。

 

警察は事件性がないと一切動いてはくれませんので証拠がなければ対応してもらえません。

 

警察は市民生活を守ることをモットーにしているので、市民生活に関係するケースを優先させます。

 

警察にはない探偵のメリット

 

探偵の場合は、嫌がらせ・ストーカー、浮気の証拠集めにすぐに動いてもらえるのがメリットです。

 

例えば、旦那さんに浮気をされて自宅に帰って来ない場合、生活が苦しくなった…と警察に頼んでも調べてもらえません。

 

警察は民事不介入という決まりがあるため、浮気は民事に該当するので警察の調査範囲外となるからです。

 

探偵に依頼すれば、これまでの経験やノウハウ、ネットワークを駆使して調査業務を行います。

 

警察が動いてくれない時でも、探偵は民事などのトラブルに対応してくれるので、頼りになる存在だといえますね。

 

探偵は、行方不明、個人間のトラブル、雇用問題などの事実確認も調査してもらえます。

 

警察に相談しても動いてもらえなかった…とお悩みの方は、一度探偵に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 47