探偵ブログ

浮気調査の完全成功報酬制の契約は割高?

完全成功報酬制とは、成果が得られた場合に成功報酬を支払うプランのこと。

 

もし、浮気の証拠を入手できなかった場合は調査料金は0円になるため、依頼主としてはリスクがなく人気があります。

 

しかし、お得なはずだった完全成功報酬制を選んだら高くなってしまった…と後悔するケースも増えています。

 

本当は、浮気調査の完全成功報酬制は割高なのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

完全成功報酬制は高額になりがち

 

完全成功報酬制は、成果が出なかった場合は0円になるため、探偵側としてはリスクの高いやり方です。

 

完全成功報酬制を採用している探偵でも、事前に浮気の事情を確認した上で、完全成功報酬制を適用するか決めています。

 

どんなケースでも完全成功報酬制を採用している訳ではありません。

 

例えば、浮気していることが確実に分かっており、

密会する日が分かっている場合は、採用されやすくなります。

 

浮気の確証がない場合は、完全成功報酬制で依頼できないことが多いです。

 

つまり、比較的調査しやすいケースのみ採用され、成果報酬が高めに設定されているのが現状です。

 

調査しやすいケースならば、わざわざ高額な完全成功報酬制を選ばなくても、通常の料金プランを用意している探偵に依頼した方が安くなることが多いです。

 

高額になりがちな完全成功報酬制をあえて選ぶ意味がないというわけです。

 

完全成功報酬でのトラブルに要注意

 

完全成功報酬制は成果基準を満たさなければ報酬が発生しないため、依頼主としては安心です。

 

しかし、成果基準とは何なのか、明確にしなければ後々トラブルになる可能性があるので注意してください。

 

浮気の証拠を撮ったことを成功とするのか、浮気の事実が分かっただけで成功になるのか、契約書の記載事項をよく確認しましょう。

 

そして、悪質な業者の場合、浮気の証拠が取れそうになっても、わざと調査期間を引き伸ばして、金額を引き上げていくケースもあります。

 

完全成功報酬を使うことによって、途中で調査を止めることができず、諸経費がどんどん増加していくリスクがあります。

 

契約時には調査期間の記載事項があるかも確認し、期限内に不貞の証拠で成功報酬が適用なのか詳しく確認しましょう。

 

 

 

 

何も知らずに結婚しても幸せ掴める?

最近は、急速なインターネットの普及により、オンライン上で出会いを求める人が急増しています。

 

それに伴って、探偵事務所に寄せられる結婚調査の御依頼も増えています。

 

今回は、近年の結婚調査の依頼内容に大きな変化が現れているというお話をご紹介したいと思います。

 

「結婚相手の基本情報さえハッキリ分からない」というケースが急増しているのです。

 

結婚相手のことを何も知らずにして、本当に幸せを掴むことができるのでしょうか?

 

結婚相手の名前も知らないケースもある?

 

数十年前までは、結婚調査の場合、結婚相手の名前や住所、職業などの基本情報はある程度理解しているケースが殆どでした。

 

結婚相手の名前や住所、職業は知っていることが前提として、親・兄弟はどのような人なのか、勤務先の会社は安定しているのか、といった内容が多くありました。

 

しかし、近年はSNSや婚活サイト、出会い系サイトなどで知り合った相手と交際に発展し、結婚話へ進んだものの、「相手の住所や勤務地を知らない」というケースが急増しているのです。

 

それだけでなく、結婚相手をニックネームで呼び合っていて、「本名すらしらないけれど、結婚したい」と考えている人もいるので驚きです。

 

結婚調査の依頼内容が変わってきている

 

近年は、結婚相手とオンライン上で知り合うケースが増えており、名前や住所、勤務地、家族構成などの基本情報を知りたいというケースが増えている傾向にあります。

 

相手のことを知らなすぎても結婚して幸せになれるのか?

 

結婚相手とは一生を共にする相手であり、自分の将来を共にするパートナーです。

 

結婚について安易に考えている人が増えていること

は事実であり、それが離婚率や人工中絶率の増加に繋がっていると考えられます。

 

特に女性は出産年齢を意識すると、結婚することに焦ってあまり相手との相性を考えずに結婚に踏み切るケースも見られます。

 

しかし、勢いで結婚すると、結婚後に本当の性格は身勝手な人だと分かったり、ギャンブル癖や交友関係に非行性の人が多いと判明する可能性もあるのです。

 

結婚調査の重要性

 

「恋は盲目」とよく言いますが、結婚相手を意識した恋人に対して疑いの目を向ける気持ちは誰でも起こりません。

 

自分に対してはとても優しく、人間的にも素晴らしいと感じて人生を共に生きようと思っていても、後から後悔すると離婚のリスクは高まります。

 

探偵事務所に結婚調査を依頼すると、結婚相手の性格、素行などの人柄について、第三者目線で客観的に見ることができるのがメリット。

 

人間は好きな人の前では優しくて気遣いができていても、生活面では素性が出ている人は少なくありません。

 

結婚相手が隠したがる要素としては本人や親・兄弟の金銭問題、浪費癖、ギャンブル、浮気癖がある、セフレがいる、といった問題が挙げられます。

 

これから結婚しようとする相手には過去の問題は正直には話さない人が多いのです。

 

結婚前から多額の借金があったり、浮気癖があれば

健全な家庭を築くのが困難になるでしょう。

 

相手のことをよく知らずに結婚へ踏み切る前に、気になる点は結婚調査をすることで、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

 

急な別居に裏がある隠された真実とは?

パートナーから突然「別居したい」と言われたり、家に帰って来なくなった場合は、「浮気しているのでは?」と勘がよぎります。

 

急な別居にはどんな真実が隠されているのか、探偵事務所の目線で解説していきます。

 

別居中の相手も浮気調査できるの?

 

夫・妻が急に別居すると言い出して帰ってこない場合でも、探偵事務所に浮気調査を依頼することができます。

 

むしろ、別居中のほうが浮気の証拠を手に入れやすいケースが多いです。

 

通常、夫婦が長期別居している場合は、「夫婦関係が破綻している」と判断できます。

 

しかし、夫・妻が突然家を出て別居すると言い出した場合は、同居義務や協力義務を放棄したとみなされて、「離婚の有責がある」と考えられます。

 

浮気されて、突然「別居する」と言われたら怒り心頭ですが、そこは冷静になって、まずは浮気の証拠を集めることが大切です。

 

夫婦関係を修復させたい場合でも浮気の証拠は必要?

 

夫・妻と別居中だけれども、将来的には夫婦関係を修復させたい…と考えている方も浮気の証拠があると話し合いを有利に進めることができます。

 

そもそも、浮気の証拠がなければ夫・妻は浮気を認めずに、身勝手な理由で離婚を突きつけてくる可能性があります。

 

別居中の夫・妻と夫婦関係を修復させたい方は、探偵に早期に浮気調査を依頼して、証拠を確保しておくことが大切です。

 

広島の浮気調査は55年の実績!中央リサーチへ

 

長期間別居の浮気でも確実な証拠を集めることで、慰謝料請求が可能なケースがあります。

 

最終的に離婚する・離婚しないにしても、確実な浮気の情報や証拠を集めれば、有利に話を進めることができるのです。

 

別居中の浮気調査は早期に始めると、夫・妻に勝手な言い訳をされずに自分を守ることができます。

 

広島での浮気調査は、実績豊富な中央リサーチに相談すると、最適な解決策を提案してくれます。

 

電話やメール、LINEでも相談員が無料相談を受け付けているので、ぜひ気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

刑事と探偵の仕事の違いは?

テレビドラマに出てくる探偵は、格好良くて機敏に問題を解決してくれるイメージがありますよね。

 

普段、探偵の仕事を目の当たりする機会は多くないので、探偵と警察の違いははっきり分からない方も多いのでは?

 

そこで今回は、警察の捜査と探偵の調査の違いについて解説していきましょう。

 

警察の捜査と探偵の調査の違い

 

探偵と警察の大きな違いの一つには、民事と刑事の違いが挙げられます。

 

分かりやすく言えば、警察は刑事、探偵は民事を扱います。

 

例えば、未成年の娘が自宅に帰って来ない場合、犯罪に巻き込まれた可能性があるため刑事となり、警察は調査に動いてくれます。

 

しかし、成人の家族が帰って来ない場合は、自己都合の可能性があるので民事となり、探偵しか調査できません。

 

嫌がらせ・ストーカーの調査は?

 

従来、ストーカー事件による殺人事件が増えた際に、警察の捜査の悪さが話題になったことがあります。

 

当時は刑事法上法律に合わせて、警察は動くことができなかったのです。

 

現在は、ストーカー規制法が制定されたことにより

警察は動けるようになりました。

 

ただし、ストーカー行為の証拠を揃えて、事件性があることを認めてもらう必要があります。

 

警察は事件性がないと一切動いてはくれませんので証拠がなければ対応してもらえません。

 

警察は市民生活を守ることをモットーにしているので、市民生活に関係するケースを優先させます。

 

警察にはない探偵のメリット

 

探偵の場合は、嫌がらせ・ストーカー、浮気の証拠集めにすぐに動いてもらえるのがメリットです。

 

例えば、旦那さんに浮気をされて自宅に帰って来ない場合、生活が苦しくなった…と警察に頼んでも調べてもらえません。

 

警察は民事不介入という決まりがあるため、浮気は民事に該当するので警察の調査範囲外となるからです。

 

探偵に依頼すれば、これまでの経験やノウハウ、ネットワークを駆使して調査業務を行います。

 

警察が動いてくれない時でも、探偵は民事などのトラブルに対応してくれるので、頼りになる存在だといえますね。

 

探偵は、行方不明、個人間のトラブル、雇用問題などの事実確認も調査してもらえます。

 

警察に相談しても動いてもらえなかった…とお悩みの方は、一度探偵に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

「百聞は一見に如かず」噂より事実を見る事が大切

夫・妻が浮気をしていると勘付いた場合、どうやって断定すれば良いでしょうか?

 

探偵事務所に浮気調査を依頼する前に、浮気をしている・していないと白黒ハッキリさせれば、浮気問題の解決に向けて動くことができます。

 

今回は、パートナーが浮気しているか判断する方法を見ていきましょう。

 

自分で浮気しているか判断する方法

 

スマートフォンからは、LINEやメールなどのラブラブメール、デートの約束、付き合っていることが分かる内容、スマホに入っていたツーショット写真など。

 

ラブホテルの領収書、クレジットカードの明細書、ETCの明細書、カードの明細からも浮気の証拠を見つけやすいです。

 

浮気のパターンが掴めると、ほぼ浮気をしていると断定できます。

 

しかし、これらの浮気の証拠だけでは法律的に浮気を証明することは十分ではありません。

 

法律上、浮気の証拠として認められるのは第三者から見ても不貞関係(肉体関係にある)と分かる写真や動画が挙げられます。

 

例えば、ラブホテルに出入りしている写真、浮気相手の自宅へ行き、長時間共にしていると分かる動画など。

 

パートナーが明らかに浮気をしていると分かったら確実な証拠を入手するために、探偵に浮気調査を依頼すると効果的です。

 

探偵に浮気調査を依頼するメリット

 

探偵事務所では、通常、車やバイク、自転車なども完備しており、あらゆる交通手段や追跡範囲、追跡方法にも対応できるため、調査力が高いのが特徴です。

 

浮気をしている事実が分かったとしても、相手に気づかれることなく浮気相手の名前や職場までは自分で調べるのは困難です。

 

探偵の浮気調査は2〜3人体制で行い、行動パターンを把握しながら、浮気相手を尾行、住所を特定します。

 

探偵は高性能のカメラを使い分けて、夜でも顔が鮮明に映る撮影が可能です。

 

慰謝料の請求時に証拠として提出するには、法的に有効な浮気の証拠を集める必要があります。

 

浮気調査後は、探偵により、浮気の時間、場所、写真をまとめた報告書を作成されます。

 

慰謝料請求を視野に入れる場合は、自分の浮気調査では証拠不十分となる可能性が高いので、探偵に依頼することをおすすめします。

 

 

 

 

気づかれないように証拠を撮る事が探偵の基本理念

探偵事務所の調査員は、対象者に気づかれないように調査を開始することが基本理念です。

 

もし、対象者に尾行や張り込みがしていることがバレてしまったら対象者は警戒心を強めるので、証拠掴むのが困難になるからです。

 

プロの探偵事務所に依頼すれば、対象者にバレずに上手に調査を進めて、有力な証拠を入手してくれるでしょう。

 

しかし、経験不足な探偵事務所に依頼してしまった場合は、対象者にバレてしまう可能性があるので要注意です。

 

一度対象者にバレてしまったら、証拠となるLINEやメールを削除されたり、浮気相手と別れることもあり、証拠を掴めなくなってしまうリスクがあります。

 

浮気の証拠が掴めないと、当然ながら慰謝料請求することができず、パートナーも浮気を認めてくれないでしょう。

 

探偵の調査員はターゲットにバレないことが何よりも大前提

 

調査員はターゲットにバレないように行動を探ったり監視したり、跡をつけて調査を行います。

 

一般的に尾行調査は2人以上のチームを結成して、複数人体制で行います。

 

複数で行うため、人が多い中でもターゲットを見失うリスクを回避することができ、先回りして正面から顔のアップの写真撮影も可能です。

 

万が一、ターゲットにバレてしまったら、調査中に別の調査員に切り替えて、追跡を続行することが出来ます。

 

一人の調査員が一日中張り込みをすると、お手洗いに行った時にベストやシャッターチャンスを見逃す可能性もあるので、複数体制で依頼するのが理想的です。

 

体の構え方からスピーディーに移動するノウハウがある

 

プロの探偵調査員はその場に馴染む所作が身についています。

 

探偵学校でも尾行の教育を受けますが、探偵事務所に入社してからも日々スキルを磨いています。

 

体の構え方からスピーディーに移動する方法を身につけているので、最後までターゲットにバレずに調査をすることができるのです。

 

その他、経験豊富な調査員は土地勘が働いて、浮気カップルが足を運びそうな場所を事前に把握おくことも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面を知るより、側面を知ることが重要 

「婚約者のことをどこまで知っていますか?」と言われて「あまり知らないかも…」と思ったら注意が必要です。

 

最近は、知り合ってすぐにスピード婚をし、後から後悔して離婚してしまうケースが急増しています。

 

「フィーリングの良さ」や「条件が合うから」といった表面的な部分しか見ずに結婚した結果、スピード離婚に繋がってしまうのです。

 

婚約者の側面を知る一つの方法として、探偵事務所に結婚調査を依頼するやり方があります。

 

結婚する前に結婚調査をすることで、婚約者の側面まで客観的に見つめられるようになります。

 

結婚後に隠している問題が発覚した場合

 

婚約者に対して、秘密で探偵に調査を依頼するなんて酷すぎる…と思う方もいるかもしれません。

 

確かに、自分に知らぬ間に調査依頼をされていると分かったら信用されていないと思い、二人の信頼関係が崩れてしまうことも…。

 

しかし、多くの人は自分の欠点や問題点を婚約者に言わない人が多くいるのは事実です。

 

「過去のことは過去のこと」として、今ある借金や前妻に支払う慰謝料があることを隠している人も。

 

相手に気づかないように問題を隠していても、いずれ長い結婚生活の間で明らかになるはずです。

 

結婚後に婚約者に大事な事実があることが発覚したらきっと驚いてショックを受けることでしょう。

 

結婚早々、複数の問題を抱えたり、遊び癖のある相手に悩まされて、離婚せざるをえなくなることも…。

 

結婚後にパートナーの問題点が明らかになった場合、結婚生活は当然ながら難しくなるでしょう。

 

明らかになった婚約者の側面とは?

 

結婚前に調査をして明らかになった側面には、学歴や職歴の詐称、経済力、犯罪歴、離婚歴などが挙げられます。

 

生活パターンを調査することで、浮気をしている、出会い系サイトをしている、ギャンブル癖、浪費癖なども明らかになります。

 

結婚相手と交際中に話したがらないことがあったり、話をはぐらかすことがあれば、何か隠している可能性が高いです。

 

結婚後に問題が発覚してトラブルになる前に、結婚する前に結婚調査をして事実を明らかにすることが大切です。

 

結婚を客観的に見つめよう

 

結婚調査をすることは、婚約者本人の事実だけでなく、親兄弟、親族、会社関係などの周囲の人間関係を含めた情報が分かります。

 

婚約者の両親の職業、近所の人の噂や評判、実家の経済状況や資産を含めて、結婚が問題ないかどうか客観的に見つめられるようになります。

 

 

 

 

 

 

浮気相手と会う頻度と継続率は?

浮気をしている人は、どれくらいの頻度で密会しているのでしょうか?

 

探偵事務所のデータによれば、毎日会っているケースは少なく、1ヶ月に平均1〜2回のペースで会っている人が多いようです。

 

今回は、浮気相手と連絡を取り合う頻度について解説していきます。

 

浮気相手と連絡を取り合う頻度

 

浮気相手との連絡の頻度を調べてみると、毎日連絡している人は少数派で、週に数回程度に抑えている人がほとんどです。

 

浮気をしている心をめたさがあり、頻繁に連絡を取り合ってバレてしまうリスクを避けているのでしょう。

 

「休日は家で過ごすので連絡をしない」などとお互いにルールを設けている場合もあります。

 

浮気相手と密会する頻度は、1ヶ月に平均1〜2回のペースが最も多く、次に週1ペースです。

 

浮気をしている人は、パートナーに浮気が発覚するリスクを避けるために、月に1〜2回が適度だと考えているようです。

 

イベントはバレやすいので避ける傾向にある

 

クリスマスやバレンタインデー、お盆休みやゴールデンウィーク、年末年始は、浮気相手と会うとバレやすいので避ける傾向にあります。

 

男が既婚者の場合、男の誕生日に一緒に過ごすと家族にバレてしまう確率が高くなります。

 

多くの場合は、イベントは避けて普通の日に会っているケースがほとんどです。

 

性的欲求の強いセックスレスは浮気に発展しやすい

 

セックスレスの夫婦は、どちらも性的欲求が少ない場合は浮気のリスクは少ないでしょう。

 

しかし、夫が性行為を求めて妻が拒絶していたり、妻が性的欲求が強いのに夫が弱い場合は危険です。

 

お互いにすれ違いが生じて性欲を他の異性で埋めようとする可能性があります。

 

特に女性の場合は、性行為は精神的欲求と繋がっているので、パートナーから拒絶されると心が満たされなくなります。

 

女性の浮気は性的欲求を満たすために性行為をするだけでなく、精神的に満たされたい欲求が強いのです。

 

男性の場合は、性欲処理であることが多く、一人の浮気相手と長続きさせるよりも、複数や、一晩だけの関係を求める傾向もあります。

 

 

 

 

従業員の不正・規約違反は内偵・素行調査で無事解決!

従業員がライバル会社に情報を流しているらしい…

会社の評判を落とす行為をしているようだ…と噂を聞いて悩んでいませんか?

 

そんな時は、探偵事務所に従業員の素行調査を依頼すると問題が解決するでしょう。

 

今回は、従業員の不正・規約違反は内偵・素行調査が役立つ話をしていきます。

 

従業員の不正・規約違反は内偵・素行調査!

 

会社の従業員の素行調査は探偵事務所や興信所に依頼することが可能です。

 

従業員の素行調査を探偵に依頼する目的は会社の利益損失を防ぐためです。

 

素行調査の結果分かった一例としては、営業活動で外回りすると言いながら遊んでいる、ライバル企業に有力な情報を流していた、社内不倫などが挙げられます。

 

どれも会社の利益に悪影響を及ぼし、会社の評判を落としたり、社内の士気を著しく低下させる行為です。

 

このような従業員の素行の悪さは素行調査で明らかになる可能性があります。

 

素行不良の社員を放置しておくと、新製品の情報がライバル企業に漏れたり、会社の評判が下がり、利益損失に繋がります。

 

反社会的な組織と関わりがあったり、大きな不祥事の場合は、メディアに取り上げられて会社のイメージダウンになることも…。

 

日頃から怪しいと思われる従業員に対しては、早めに素行調査を依頼することをおすすめします。

 

 従業員の素行調査を探偵に依頼した時の費用相場は?

 

素行調査の費用相場は探偵事務所によって料金体系が異なり、調査時間によって計算されることが多いです。

 

1時間1万円(調査員1名)の業者に、1日5時間、10日間に渡って調査を依頼した場合は以下の通りです。

 

1名×1万円×5時間×10日間=50万円プラス諸経費

 

素行調査が得意な探偵事務所に依頼しましょう

 

従業員の素行調査を行うと、会社の利益を守ることになり、優秀な人材だけを確保することができます。

 

ただし、万が一、従業員に素行調査をしていることがバレてしまったら逆に反発されるリスクもあります。

 

素行調査を依頼する際は、素行調査の実績が豊富な探偵事務所に依頼することが大切です。

 

 

 

 

 

 

気づかれることなく結婚調査は行われる?

探偵事務所に結婚調査の相談にいらっしゃる方の中で「相手にバレないか心配…」、「違法ではないの?」と不安な方も多いようです。

 

結婚調査を進める上で、もし相手にバレてしまったら気分を害されて、婚約破綻になってしまう…と不安な気持ちも良くわかります。

 

今回は、探偵事務所に結婚調査をするリスクについて解説していきましょう。

 

結婚調査が相手にバレてしまうことはある?

 

結婚調査は対象者にバレないように進められるのが鉄則です。

 

調査スキルと実績のある探偵事務所に依頼すれば、バレることなく相手の素性や行動、家族の詳細について知ることができます。

 

しかし、どんな腕のある探偵に依頼しても、同居している婚約者に契約書を見つけられてバレてしまっ

たケースもあります。

 

結婚調査をしていることが相手に分かってしまったら、信頼関係が崩れて婚約破談となるリスクがあります。

 

自分で結婚調査をしようと考える方もいますが、婚約者のパソコンやスマホを勝手に触り、履歴やデータ、メールや着信履歴を見るとバレてしまう可能性大です。

 

万が一バレてしまうリスクを避けるためにも、プロの探偵事務所に依頼することをおすすめします。

 

結婚前の結婚調査は違反にならないの?

 

自分で結婚調査をする場合、行き過ぎた調査方法を行なって違法性を問われて裁判となってしまうリスクがあります。

 

誰にも知られずに結婚調査するには、やはり探偵事務所へ依頼すると、合法内で進めてもらえるので安心です。

 

結婚調査は普段の婚約者の行動を調べるので、普段通りに生活するだけで相手を調べることが可能となります。

 

結婚する前に結婚調査をして損することは何もなく、安心して結婚準備をすることができるでしょう。

 

事実を知った時に精神的苦痛を伴うリスクも

 

探偵事務所に結婚調査を依頼すると、調査報告書とう形で結果を知ることができます。

 

調査の結果は、隠されていた事実や問題点が発覚する場合もありますし、何も問題がないこともあります。

 

特定の人物に対してプライベートな部分を詳しく知ることができるので、結果によっては、婚約者への気持ちが冷めてしまい、人間関係が壊れる可能性もあります。

 

今まで実際にあったケースは、「自分の親友と密会して浮気をしていた」「実は無職だった」「多額の借金があった」「バツイチ子持ちだった」という事例がありました。

 

本来は幸せになるための結婚調査ですが、調査結果によっては精神的なショックを受け、結果的に相手への愛情がなくなる人もいます。

 

結婚調査をして、納得できない事実がわかった場合はどう対応すべきか考えておくことも重要です。

 

 

 

 

 

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 47