探偵ブログ

本物の探偵とは、ここが違う?

人生において、探偵に調査を依頼する機会は何度もあることではありません。

 

だからこそ、本物の探偵事務所を見極めるのが難しいと感じる方は多いでしょう。

 

探偵に浮気調査を依頼したいけど、初めてだから失敗しなくない!と思う方は多いはず。

 

今回は、本物の探偵事務所にある特徴を解説していきましょう。

 

裁判所が認める証拠を残せるか

 

探偵に調査を依頼する目的は、裁判に認められる証拠を獲得する目的の方が多いです。

 

調査の終わりに受け取る「調査報告書」の質は探偵事務所によって、かなり差があります。

 

優良な探偵事務所は詳細な記録かつ鮮明な報告書を作成されるので一目瞭然です。

 

契約前に調査報告書のサンプルを見せてもらうと調査報告書の質が分かります。

 

夜でも写真の顔がハッキリ分かるくらい鮮明か、分単位で相手の特徴や帰宅先など詳細に情報が書かれているか確認しましょう。

 

料金設定がわかりやすい

 

探偵事務所を選ぶ際は、値段の安さだけで決めると後で後悔することもあります。

 

他の探偵よりも安いと思って依頼しても、最終的に高額請求する業者もあるので注意が必要です。

 

優良な探偵事務所は料金設定が詳細に明記されていて、相談する際に正確なな見積額を提示してくれます。

 

自分のケースの場合は日数・時間はどれくらいかかるか、経費や移動費は含まれているか事前に確認しましょう。

 

追加料金がある料金設定の場合は、作為的に長引かせる可能性があるので避けたほうが良いです。

 

電話の問い合わせ対応

 

多くの探偵事務所は電話相談を行っていますが、相談員の対応の良し悪しはそれぞれ大きく異なります。

 

質問に対して分かりやすく丁寧に説明してくれる業者は信頼できると言えるでしょう。

 

相談しても具体的な内容はなくすぐ事務所に来ることを要請したり、調査料金があいまいな業者は注意が必要です。

 

相談員が他社の悪口を言ったり、嘘の営業トークによって強引に契約を迫るケースも増えているので注意してください。

 

探偵業届出番号がある

 

当然のことですが、探偵が業務をするには探偵業届出をする必要があります。

 

探偵業届出をすると、探偵業届出番号が与えられて探偵業届出証明書が発行されます。

 

探偵事務所のオフィスには探偵業届出証明書が壁に掛かっていますので確認しておきましょう。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

探偵独自のノウハウは企業秘密なの?

探偵になるために特別な資格や免許はありませんが独自のノウハウはあるのでしょうか?

 

探偵事務所では長年培った事により開発された独自のノウハウや技術があり問題解決に役立っています。

 

今回は、探偵事務所の独自ノウハウについてご紹介しましょう。

 

探偵事務所の独自ノウハウ

 

探偵は調査をする際に車やバイクでの尾行を行うために運転免許証は必須条件となります。

 

その他には特別な資格や免許がないため、「誰でもなれるの?」と思うかもしれません。

 

しかし、ご依頼の方からの調査を実行するためには、特殊な技術や経験が求められます。

 

探偵の調査員は一般人よりも尾行、張り込み、聞き込み能力に優れており、それが探偵社のレベルと言っても過言ではありません。

 

探偵社には独自ノウハウがあり、調査員も尾行成功率を上げるためにスキル磨きに力を入れています。

 

探偵事務所によってスキルの差がありますので、調査依頼は優秀な探偵社を見つけることが大切です。

 

経験や技術レベルの低い探偵に仕事を依頼すると、対象者にバレたり、失尾したり、証拠が撮れなかったり時間とコストのリスクが高いと思われます。

 

探偵ノウハウは企業秘密なの?

 

探偵業は尾行・張り込み・聞き込みの技術・ノウハウだけでなくコミュニケーション能力や予測する能力も求められます。

 

探偵に携わる年数が長いほど、経験が多くなり、カンが働いたり、素早く対応できるようになります。

 

多くの調査員は大手探偵社で基本的なノウハウを吸収した後に独立して、個人の探偵事務所を設立するケースも多いようです。

 

しかし企業秘密は、多くの経験の中から生まれる特殊な個々の探偵の技術であり、そのノウハウは他の探偵にも教えない場合が多いようです。

 

探偵業は目に見えない調査サービスを提供しているので、調査員のスキルやノウハウに価値があります。

 

探偵の調査員は、知識と技術を活かして、日々スキルを磨いているのです。

 

優良な探偵業者は必ず多数の経験、実績があり、調査員の技術や調査方法に自信を持っています。

 

広島での調査依頼は中央リサーチへ

 

失敗したくない、確実な調査依頼を求めているなら55年の実績を持つ中央リサーチへ。

 

気軽に相談できる相談員と、ベテランの調査員が揃い、人に言えないお悩みも丁寧にサポートします。

 

地元広島で培った長年の経験を生かした調査により早期解決へ導きます。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

浮気調査の証拠は離婚裁判に勝つ為の有力な証拠に

夫・妻が浮気をしてあると勘付いているけど、真実と向き合いたくない…と放置するケースは多いです。

 

しかし、浮気・不倫問題は放置しても自然と解決するほど簡単な問題ではありません。

 

時が経つに連れて、浮気の関係は親密となり、夫婦関係は修復不可能となることがあるのです。

 

手遅れになる前に、探偵事務所に浮気調査を依頼するメリットは大きいです。

 

浮気調査では不貞関係が分かる確定的な証拠を掴むことができるため、自分を守ることができます。

 

自分が被害者なのに不利な扱いをされずに、しっかりと理想的な決着をつけることができます。

 

離婚裁判を視野に入れるならば確定的な証拠が必要

 

浮気・不倫をされて被害が大きくなり、離婚裁判をして、浮気相手に慰謝料を請求したいとお考えの方は多いかと思います。

 

その場合は、パートナーと浮気相手が不貞行為をしていると証明できる証拠写真または映像が必要です。

 

慰謝料を請求する側がパートナーと浮気相手の証拠写真を嫌でも入手しなければ何も始まりません。

 

浮気調査や裁判で認められる浮気・不倫とは、何度も密会して性行為があったと分かる証拠がキーポイントです。

 

浮気相手とのLINEやメール、ツーショットの写真だけでは証拠として薄く、決定的な証拠にはなりません。

 

離婚調停や裁判で有効な証拠は性行為をしている関係だと分かる証拠を複数集めることが大切です。

 

例えば、ラブホテルに何度も出入りしている、宿泊旅行、浮気相手の自宅に複数回出入りする、カーセックスなどの写真や映像が挙げられます。

 

たった1回での写真は説得力にかけるため、滞在時間が分かる映像や複数回の撮影が必要になります。

 

不貞行為の証拠がない場合は憶測や推測と判断され、浮気相手からもシラを切られて終わります。

 

そうなると最終的に慰謝料を取れなかったり、金額が大幅に少なくなるケースがほとんどです。

 

慰謝料や財産分与、養育費や親権などを有利にするためには不貞関係が分かる証拠は必須条件です。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

 

信用できる報告書は信頼ある探偵社へ依頼

探偵事務所に浮気調査を依頼しても、肝心な報告書の質が悪く、裁判では通用しなかった…という方は意外と多いです。

 

プロの探偵に依頼したのに裁判では浮気が認められなかったら、希望する問題解決にはなりません。

 

なぜ、探偵事務所によって報告書の質は変わってくるのでしょうか?

 

今回は、浮気調査の「調査報告書」についてお話します。

 

探偵の調査報告書は全て異なる

 

浮気調査の目的は依頼主によって様々あり、浮気相手から慰謝料を請求したい方、夫婦関係を修復したい方も多いです。

 

どんな依頼主にとっても、示談や裁判でも認められる浮気調査の「調査報告書」を求めています。

 

プロの探偵事務所に浮気調査を依頼すると、調査結果となる「調査報告書」を渡されます。

 

探偵によって調査の技術やレベルが異なるため、当然ながら調査報告書の質も変わってくるのです。

 

驚くかもしれませんが、実際に70%の探偵事務所が出している「調査報告書」は裁判で使用できなかったと言われています。

 

例えば、以下のようなケースが多いようです。

 

・写真が不鮮明でパートナーと浮気相手の顔が分からない

 

・建物や風景の写真ばかりで肝心なパートナーと対象者が写っていない

 

・説明の文字ばかりで写真や映像がなかった

 

・GPSの履歴だけを渡されて浮気調査の報告書になっていない

 

・裁判資料としての作り方になっていない

 

弁護士に聞いたところによれば、探偵が作成した調査報告書の85%は裁判では使えないそうです。

 

その理由は、探偵は裁判に通用する裁判資料の作り方を知らない人が多いからです。

 

探偵のホームページに「報告書があれば裁判に勝てる」とは間違っている

 

探偵事務所のホームページに「調査報告書」を持っていれば証拠になるので裁判に勝ちますよといった言い方をしている業者がありますが間違いです。

 

「調査報告書」を持っていても質が悪ければ浮気とは認めらず、慰謝料請求も難しくなります。

 

では、裁判に勝つにはどうすれば良いのかというと「裁判で勝てる報告書」を入手すること。

 

これに尽きます。

 

ご依頼された方は探偵から報告書をもらうと「さすが探偵!凄いですね!」と思いますが、内容によっては裁判でも通用するかは別の話です。

 

信用できる報告書は実績55年の中央リサーチへ

 

地元広島で55年の実績がある中央リサーチは、依頼者を有利にする報告書を提供しています。

 

ご依頼された方がお金と時間をかけて、わざわざ探偵事務所へ足をお運びいただき、調査を依頼される意味を熟知しております。

 

ご依頼された方は「調査報告書」を元に真実を受け入れて、離婚や慰謝料を請求したり、パートナーに謝らせて反省させる目的があるのです。

 

裁判用の報告書は証拠写真の鮮明さや裁判官に真実が正確に伝わる文章など、詳細かつ明瞭に作成する必要があります。

 

中央リサーチでは、正確な報告書を念頭に置いて3重のチェック体制でミスのない報告書を作成しています。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

既婚者である事を知らずに交際?

旦那さん・奥さんが浮気・不倫をしていることが発覚し、浮気相手が一言「既婚者だとは知りませんでした」。

 

これって信憑性はどれほどの物なのでしょうか?

 

「付き合っている人が既婚者だとは知らなかった」とは浮気をしている人の逃げる典型的なパターンです。

 

浮気相手に「既婚者とは知らなかった」と言い訳された場合はどうなる?

 

浮気相手に慰謝料請求する際に「既婚者だとは知りませんでした」と言い訳されるケースは良くあります。

 

「過去の判例」から述べると、これは単なる言い訳となり、逃げ切ることは難しいです。

 

不貞関係(性行為をしている関係)による損害賠償を請求するには、浮気相手に「故意」・「過失」があることが必要です。

 

「故意」とは、相手が既婚者だと認知しながらも不貞行為をしたこと。

 

一方で「過失」とは、相手が既婚者だと知らずに性行為をしたが、既婚者と気づくことができたケースです。

 

どういった場合に「過失」として認定されるかというと、以下のようなケースです。

 

・電話ができない時間帯がある

 

・相手の家に行きたいと言うと、いつも断られる

 

・クリスマス、年末年始など大型連休は会えない

 

・会うのはラブホテルや浮気相手宅ばかり

 

「故意」の方が悪質性が高いため、「過失」よりも慰謝料が高額になる傾向にあります。

 

浮気相手の「既婚者だとは知りませんでした」の言い訳は「故意」・「過失」に持っていくことができます。

 

ただし、弁護士によりますので浮気問題に強い弁護士をつけることも大切です。

 

広島で浮気調査をするならば中央リサーチへ

 

浮気相手の被害者はご自身なのですから、しっかりと相手の否を証明して、慰謝料を勝ち取ることが大切です。

 

お子様や経済的な理由で離婚は視野に入れなくても動かぬ浮気の証拠を入手していれば、自分を守る武器になります。

 

知らなかったと言い訳するのは浮気相手だけでなくパートナーも同じです。

 

夫婦喧嘩の時は素直に謝ったものの、裁判では180度態度を変えて、否定するケースも少なくありません。

 

浮気問題をどんな形で解決するにしても、浮気の証拠は必ず撮っておくことをおすすめします。

 

広島での浮気調査は地元密着型の中央リサーチに相談しましょう。

 

ベテランの調査員と55年の経験により、浮気問題の早期解決へ導きます。

 

LINEや電話、メールなどでも相談員が丁寧なカウンセリングを行っておりますので、ぜひ一度お話くださいませ。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

 

 

 

探偵は合法的で社会貢献できるお仕事なの?

探偵業に興味があるけど、社会貢献できる誇らしい仕事なのだろうか…とお悩みではありませんか?

 

普段、探偵事務所を利用する機会は多くはありませんので、「そもそも違法じゃないのか」と不安な方も多いかもしれません。

 

結論から言えば、探偵事務所は合法内で人の悩みを解決へ導く社会貢献度の高いお仕事と言えます。

 

探偵の仕事は「違法」「ストーカー行為」など何かと誤解されることが多いです。

 

警察や弁護士とは異なり、なにをやっているのかイメージが付きにくいからかもしれません。

 

そこで今回は、中央リサーチの現役調査員が探偵のお仕事について解説していきましょう。

 

探偵の仕事とは?

 

探偵事務所はそれぞれ事務所によって業務内容は多少異なりますが、一般的には以下の調査を行っています。

 

・浮気調査

・素行調査

・家出人調査

・婚前調査

・企業信用調査

・盗聴器・隠しカメラの発見及び調査

・いやがらせ対策・ストーカー関問題

 

この中でも圧倒的に依頼が多いのが「浮気調査」です。

 

中央リサーチでも浮気調査の依頼は70%以上と最も多くなっています。

 

パートナーの浮気問題に悩みながら誰にも相談できず、何から手を付けたらいいか分からない…と言うときに探偵に依頼されるケースは多いです。

 

浮気の証拠を入手して反省させたい、慰謝料まで視野に入れるので浮気相手について知りたいと依頼されるケースもあります。

 

探偵のお仕事は「探偵業法」に基づいて合法内で行なわれる

 

探偵事務所は、各都道府県の公安委員会に探偵業務の届出を行う義務があります。

 

探偵業務の届け出を済ませた業者は、探偵業務の法律の範囲内で調査を行います。

 

探偵事務所は、法律に則って調査するのでお仕事は合法であり、違法性の心配は一切ありません。

 

これから探偵になる方も、探偵に調査を依頼する方も違法性を心配しなくても大丈夫です。

 

探偵業法で認められている調査には主に尾行・張り込み・聞き込みがありますが、どれも合法となります。

 

盗聴器や隠しカメラを設置したり、無断で部屋に侵入することは探偵であっても違法行為となります。

 

探偵が違法調査を行った場合は、「探偵業法違反」となり、様々なペナルティが課されます。

 

最悪の場合は「探偵事務所」免許の取り消しとなるのです。

 

探偵の調査員が撮影する行為は盗撮にならないの?

 

探偵は浮気の確信的な証拠を撮影するためにラブホテルで張り込み、写真を撮影します。

 

「これっては盗撮にならないの?」と疑問に思う方も多いです。

 

探偵が証拠を確保するために張り込みして、撮影することは盗撮には該当しません。

 

浮気の被害を証明するために正当な理由の元に撮影しているため、法的な問題ないのです。

 

もちろん、一般人が個人的な理由でラブホテルに張り込み、いわゆる「隠し録り」ををすると違法になるので要注意です。

 

例えば、トイレや更衣室などでの盗撮は「軽犯罪法」に違反する行為ですから、正当な探偵事務所は行いません。

 

探偵に依頼できないこと

 

探偵に依頼すれば他人の個人情報を取り放題になるわけではありません。

 

探偵が「これは違法行為になる」と判断した場合は調査依頼を断ることもあります。

 

例えば、固定電話や電話回線に盗聴器を設置したいといった依頼は電波法違反と器物破損罪に該当するため断られます。

 

優良な探偵事務所は違法調査は絶対にしない

 

優良な探偵事務所は違法調査を絶対にしません。

 

勝手に調査方法を変更することもなく、必要な提案があればその度にきちんと報告するので安心です。

 

探偵に調査を依頼する際は、都道府県に届出を行っているか確認をすることが大切です。

 

制作 総合探偵社中央リサーチ広島

相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

浮気調査の技術があれば予算を抑えて早期解決できるの?

旦那さん・奥さんが浮気をしている気配がすると探偵に調査してもらいたいと考える方は多いでしょう。

 

そこで気になるのが、浮気調査にかかる予算はどれくらいなのかということ。

 

浮気調査にかかる時間や日数はケースバイケースのため一概ではありませんが、相場を知ることは大切です。

 

浮気調査の費用が高額にならないように予算を抑える方法を見ていきましょう。

 

浮気調査の相場はどれくらい?

 

浮気調査の依頼料金は、樋本的に探偵の人数分の時給単価と諸経費によって算出されます。

 

日本調査業協会によれば、探偵2名で調査した場合の1時間あたりの相場は、2万5000円程度(交通費等の諸経費を含む)です。

 

浮気の証拠を早く欲しいと焦り、探偵を増やした場合は、調査費用も増えるので注意しましょう。

 

浮気現場が特定できなかったり、複数人いるケースはどうしても調査費用は高くなってしまいます。

 

浮気調査の技術があれば低予算で早期解決できる?

 

浮気調査の費用は探偵事務所によって異なり、交通費の諸経費や調査が長引く時の延長料金もそれぞれ違います。

 

浮気調査の実績が多く、高い技術を持つ調査員が揃ってる業者は早期解決しやすいと言えます。

 

浮気調査においては、どこまで結果を出して欲しいのかを事前に確認することも大切なポイントです。

 

例えば、慰謝料請求まで視野に入れ、裁判で使える動かぬ証拠が欲しい場合は早めに伝えるべきです。

 

証拠が不十分となった場合は再調査の費用を負担することになり、調査が長引くので注意が必要です。

 

浮気調査を予算内で抑えるために

 

浮気調査で費用を抑えられるケースは、浮気相手が初めから特定できている、不貞行為がある日時が分かっている場合です。

 

予め多くの情報を掴んでいる場合は予算よりも少ない費用で調査が成功する場合もあります。

 

調査期間が無駄に長くなると、費用もかさんでしまうので分かる範囲の情報はしっかり伝えることが大切です。

 

浮気相手と会う曜日、行動パターン、レシートから分かったラブホテルの名前、密会するための交通手段は押さえておきたいところです。

 

また、探偵事務所によっては、追加請求はないところがありますが、キャンセル料に関しては発生するケースが多いです。

 

契約時に分からない点はしっかり聞いておくと費用に対する不安を軽減できるでしょう。

 

浮気調査を低予算で依頼する時の注意点

 

予算が少ないからといって、短期間の依頼にすると浮気の証拠を掴めないまま調査終了となることもあります。

 

裁判で認められる確実な不貞関係が分かる証拠を入手するために再度依頼となれば、費用がかさむばかりです。

 

離婚調停、慰謝料請求を視野に入れた浮気調査の場合は調査期間を少し長めに依頼した方が安心です。

 

 

総合探偵社中央リサーチ広島 相談無料0120-30-6630

 

 

 

全国の探偵事務所で探偵業法違反や法令違反続出?

一昔前は、探偵事務所を探す際にはタウンページや街の情報誌を見る方法がほとんどでした。

 

最近は、インターネットとスマホの普及により、ネット上で探偵事務所を探して浮気調査を依頼する方が増えています。

 

探偵事務所に依頼すれば、結果はあまり変わらないだろう…と思っている方は多いかもしれません。

 

実際には、探偵によって技術や経験にはそれぞれ差があり、調査結果の質も変わってきます。

 

探偵選びは慎重に行わないと、探偵業法違反をする業者もあるので注意が必要です。

 

探偵の探偵業法違反・法令違反続出中

 

探偵事務所・興信所は、探偵業に関する法律「探偵業法」に則って尾行・張り込み業務をすることが基本です。

 

探偵業法に違反すると探偵業法違反となり、行政処分や刑事罰を受けることになるのです。

 

近年は探偵事務所の増加に伴い、常識の範囲内を超えた尾行・張り込みによる違反が増えています。

 

実際にどんなケースが探偵業法違反・法令違反になるの?

 

探偵業は、管轄する警察署へ営業開始届出が義務付けられていますが、無届け営業した場合は探偵業法違反となります。

 

無届け営業の探偵に、業務の一部を委託(下請け)することも違反です。

 

また、以下に該当する者が代表者又は役員をしている場合は探偵業法違反・法令違反です。

 

・禁固以上の刑もしくは探偵業法違反による罰金刑を受けてから5年を経過していない

 

・破産者であり復権していない

 

・暴力団員、又は暴力団員でなくなってから5年を経過していない。

 

・成年擬制を経ていない未成年者、もしくはその法定代理人が上記項目に該当する

 

・法人で役員のいずれかが上記項目に該当する

 

その他にも、他人に探偵業・興信所の看板を貸して営業させることは、名義貸し行為となり違反行為です。

 

探偵の尾行や張り込みは原則的に合法ですが、ターゲットに不安や恐怖を与える尾行・張り込みは違反となります。

 

ターゲットは浮気をしている人であっても、人の生活の平穏を害する行為は許されないのです。

 

探偵業は「調査結果を犯罪や違法・差別行為に用いない」という内容の誓約書を依頼者と交わすことも義務付けられています。

 

探偵業法に定められている「重要事項」を依頼者が理解できるよう事前に説明を行う義務もあります。

 

浮気調査の内容や契約時間、料金などの詳細について記載されている「契約書」の説明も必要です。

 

探偵には守秘義務があり、調査で得られた情報は第三者等に漏洩させてはなりません。

 

探偵が探偵業法違反・法令違反になったときのペナルティ

 

探偵・興信所が探偵業法違反もしくは法令違反をした場合は、公安委員会から営業停止・営業廃止命令を受けることがあります。

 

ペナルティは一年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金です。

 

2回以上処分を受けると、警察のウェブサイトに業者名と処分の内容が公開されます。

 

探偵業法違反になると懲役・罰金の前科がつき、大きな制限を受けることになります。

 

無届け営業・名義貸し・公安委員会からの指示に対する違反は、六月以下の懲役もしくは三十万円以下の罰金です。

 

届出書の虚偽記載・重要事項説明書の不交付・従業者名簿の不備もしくは虚偽記載・警察の立ち入り検査の妨害のペナルティは三十万円以下の罰金となります。

 

総合探偵社中央リサーチ広島 相談無料0120-30-6630

 

 

 

 

身に覚えのない契約書のサインは探偵事務所で筆跡鑑定を!

自分では書いた覚えがない契約書を見せられてお困りではありませんか?

 

探偵事務所の筆跡鑑定では、同一筆跡と相異筆跡の双方の観点から検査することができます。

 

今回は、探偵事務所の筆跡鑑定の進め方について見ていきましょう。

 

探偵事務所の筆跡鑑定

 

筆記具を使って文字を書いた文書は筆跡鑑定をすることが可能です。

 

書き始め(起筆)から書き終わり(終筆)までに運筆行動と呼ばれる個々の書癖があります。

 

筆跡鑑定とは、その運動軌跡を鑑定し、筆跡上の個人差を見つけて判別する鑑定方法です。

 

基本的な筆跡個性は変わらず、成年になればなるほど筆跡は固定する特徴があります。

 

一枚の紙複数の人の筆跡がある場合は、どの文字が鑑定対象の筆跡であるかを明確にすることが大切です。

 

どんなケースに対応している?

 

探偵事務所の筆跡鑑定は、金銭借用書・遺言書・有印私文書偽造・有印公文署偽造といった公文書のほか、いじめ・嫌がらせの手紙など多岐にわたります。

 

民事事件と刑事事件の双方において、科学的な鑑定にも提出できる鑑定書を得られるのがメリットです。

 

裁判に通用する鑑定書が必要

 

見に覚えのない契約書を本物ではないと証明するには、裁判所へ筆跡鑑定書を提出する必要があります。

 

筆跡鑑定をすれば、筆跡上の個性を判別して実際の書面筆跡なのか、複製なのか分かるのがポイント。

 

裁判員に「本物ではない」「本物である」と理解してもらうためには裁判員裁判において鑑定書(公的資料)が必要です。

 

広島での筆跡鑑定は中央リサーチへ

 

見に覚えのない借用書、怪しいと思われる遺言書、嫌がらせの手紙や誹謗中傷の手紙などは、筆跡鑑定をおすすめします。

 

広島で筆跡鑑定の相談をするならば、実績多数の中央リサーチを要チェック。

 

中央リサーチでは、地方裁所、高等裁判所、簡易裁判所、家裁の指定を受けて、多くの鑑定書を作成した実績があります。

 

依頼者様のご希望により鑑定書作成し、裁判所、検察、弁護士などに提出が可能です。

 

刑事事件・民事事件にも対応しており、様々な筆跡鑑定に対応しているので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

不貞の事実を立証するには動かぬ証拠が必要!

旦那さん・奥さんが浮気をしていかもしれない…そんな勘がよぎったら、喧嘩をするのはNGです。

 

多くの方は、浮気の真実が分かるとパートナーを怒鳴りつけて、怒りをぶちまけて責め立てます。

 

しかし、被害者は自分ですから、一度深呼吸をして、一旦冷静に対応する必要があります。

 

浮気が分かって離婚をする・夫婦関係を修復するにしても証拠がなければ問題を解決することはできません。

 

不貞行為について慰謝料を請求したいなら?

 

旦那さん・奥さんが浮気をしている場合、浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能です。

 

ただし、不貞関係の事実が分かる明確な証拠を集めることが大切です。

 

裁判所では、明確な証拠に基づいて慰謝料を決めますので、まずは裁判で認められる証拠を集める必要があります。

 

浮気していると分かってパートナーに強く当たってしまうと、相手も警戒して証拠が取れなくなるので注意してください。

 

不貞の事実が分かる証拠とは?

 

浮気をしていると言っても、何度か性行為があったと分かる不貞の事実を証明しなければなりません。

 

LINEのラブラブメールやキスをしている写真だけでは証拠としては不十分です。

 

実際に、裁判ではメールの内容が証拠として提出されることも多いですが、「不貞関係」が焦点となります。

 

複数人で仲良く食事をしている写真などは、交流があったとしか見えず、不貞行為の証拠にはなりません。

 

浮気相手の名前は本名で登録するケースは少なく、特定するのも意外と難しいケースがあります。

 

信頼できる探偵の調査で動かぬ証拠を掴む!

 

夫婦喧嘩のときは浮気の事実を認めたのに、裁判では「そんな事実はない」と主張されるケースは多いです。

 

決定的な証拠がなければ、泣き寝入りして離婚しか選択肢がなくなってしまうことがあるのです。

 

探偵事務所による調査報告書はラブホテルから出てくる写真や、その経過時間など決定的な証拠が得られるので有利です。

 

動かぬ証拠があれば、裁判では言い逃れができません。

 

不貞行為によって慰謝料を獲得できたら探偵に依頼する調査費用もカバーすることは可能です。

 

必ず調査費用を上回るとは限りませんが、証拠を持っていれば自分を守ることができるのです。

 

広島の浮気調査は口コミ評価の高い中央リサーチへ

 

広島で浮気調査を依頼するならば、地元に精通している中央リサーチへ相談してみましょう。

 

浮気カップルの動向パターンや行き先に詳しく、豊富なデータを生かした調査に定評があります。

 

LINEや電話でも無料相談を行っていますので、まずは話をしてみてはいかがでしょうか。