事例紹介

事例③夫が急に離婚しようと言い出し、その原因はと問いただすと、こちらばかり責められます。もしかして愛人がいるのでは?

事例3イメージ
  • 依頼者:妻/20代/広島在住
  • 対象者:夫/20代後半/広島の不動産会社勤務

依頼内容

結婚3年目で3歳の娘がいて毎日幸せに過ごしていました。

しかしここ1年の間に、夫の態度が変わっていきました。元から無口な人でしたが家では全く喋らなくなり、帰宅しない日も多くなったのです。

私は夫が一家の大黒柱で一生懸命仕事をしているので、何事も深く尋ねないようにしていました。ところがある日、突然「離婚してほしい」と真顔で切り出されました。

私は驚いて「急にどうしたの?何があったの?」と動揺しました。初めはコロナで会社からクビにでもなったと思い心配しましたが、様子がおかしく愛人がいるのでは...と思うようになったのです。

その理由はある日、車に乗った時のこと。助手席に口紅が落ちていました。私は知らぬふりをしてその口紅を片付けました。すると一週間後今度はアイライナーが落ちていたのです。浮気相手の女性からのメッセージだと思い、私に敵意を持っていると感じました。私は耐えられなくなって夫に原因を問い詰めると逆ギレされました。

正直もう自分の力ではどうにもならなく、夫は全く私に気持ちが残っていないからです。しかし、浮気の証拠がなければ裁判に認められず、不利な形で離婚をする結末になってしまうかもしれない...。そこで私は探偵に浮気調査を依頼することにしました。とにかく早く浮気の証拠が必要でした。口コミで浮気調査に定評のある中央リサーチさんは広島の実績が多いと知り相談してみることに。

依頼(調査)結果

事情を説明するとすぐに調査を開始していただきました。浮気調査で分かったことは夫は、職場の部下と2年にわたる不倫をしていて、職場の女性の自宅マンションに二重生活をしていたことが発覚しました。

今まで夫を信じて尊敬していましたが、騙された喪失感とそれに気がつかなかった自分が嫌になりました。しかし、明確な浮気の証拠を入手したので何も恐れることはありません。最終的に離婚裁判で浮気を認めてもらい、慰謝料請求と親権を勝ち取りました。

中央リサーチさんは調査報告書を提出していただいた後も、弁護士の紹介や今後の流れについても詳しく説明していただき本当に助かりました。自分の人生のためにもまだ3歳の娘のためにも、これからの人生を新たな気持ちでスタートさせます。調査中もメンタルケアと心遣いをしていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

男性・女性相談員が常駐!親身になって対応致します