嫌がらせ・ストーカー対策

精神的苦痛を与えられるような嫌がらせや、ストーカー行為を行う不審人物の特定及び警察・弁護士に動いてもらう為の証拠撮りを行います。

嫌がらせ対策

嫌がらせ問題は年々増加しており無言電話や、不法侵入、器物破損など様々な嫌がらせを受けたとのご相談を多数、頂いております。
当社では、その要因となる交際のもつれ、近隣トラブル、会社での派閥トラブル、いじめ問題等について、一連の流れを把握し、嫌がらせを行う人物への問題解決にむけて事実確認及び、しっかりとした証拠収集を行います。
嫌がらせに被害者が直接対応するのは、相手を刺激し、関係の悪化や更なる被害を助長させる可能性もあるため非常に危険です。いざと言う時に警察・弁護士に迅速に動いてもらう為にも、客観的に事実を明らかに出来る証拠が必要なのです。
まずは当社が迅速かつ慎重に相手に気付かれる事なく嫌がらせ行為の証拠収集を行い、不審人物がエスカレートしたり、それが今後も継続する前に問題解決に繋がるお手伝いを致します。

家庭のトラブル

子どもの虐待やドメスティックバイオレンス

近隣トラブル

自宅敷地内へのゴミの不法投棄や迷惑駐車・車への被害

学校

生徒間のいじめ問題や教師によるセクハラ被害

無言電話・悪戯電話

電話やファックスでの嫌がらせ

インターネットでの被害

掲示板等への悪口やメールでの被害

職場

上司や同僚によるセクハラ・パワハラ被害

ストーカー対策

平成12年に、ストーカー行為から被害者を守るため「ストーカー規制法」が制定されています。しかし、いくら警察に相談してもストーカー行為を行っている明確な証拠がないと、なかなか警察は動いてくれないのが実態です。
ストーカー犯罪は年々増加しており警察の細かい対応が追いついていない事も事実で、過去の事案でも警察に3回も相談したが「事件性がない」と動いてもらえず結果的には殺人事件となり相談者は守ってもらえず無念の死を遂げたケースなど後を立ちません。
ストーカー行為を行う人物の多くは、被害者の元恋人・夫(妻)・知人の場合がほとんどです。被害者に対して持つ歪んだ愛情表現によって、身の危険や精神的な苦痛を与えられます。

相手に気付かれることなく不審人物がストーカー行為を行う(付近をうろつくなど・・・)証拠収集を行い、いざと言う時に警察に動いてもらう為の、具体的な材料をもって未然に被害を防げるようお手伝いいたします。
当社では、迅速に対応しする事と、不審者を刺激せず慎重に進めていく事で、その問題をエスカレートさせず事件に繋がる前に解決する様に進めて行きたいと考えております。

こんな時にストーカー対策を・・・

  • つきまといや会社・自宅で待ち伏せされる。
  • 行動を監視していることを告げられる。
  • 面会・交際を執拗に要求される。
  • 乱暴な言動により被害を受けている。
  • 無言電話などの悪戯電話やファックスを送られる。
  • 汚物・動物の死体など不快感を抱くものを送付される。
  • 名誉を害する行為をされる。
  • 性的羞恥心を害する行為をされる。

いたずら電話撃退法

近年では一般電話・携帯電話から非通知による、いたずら電話の被害の相談はあとを立ちません。
しかし電話会社のサービスで迷惑電話防止サービスと言うものが有り、一旦かかってきた非通知のいたずら電話に対し登録操作すればその回線からは解除しない限りかかってこないシステムなどがあります。
他にも携帯電話会社もそう言ったサービスを取り入れています。

実は、いたずら電話は犯人を特定できる時代に変化しています。

アナログ回線からデジタル回線の時代となり一般電話・携帯電話から非通知設定にした不審者の回線は電話会社の交換器側までは開示されているのです。
交換器から、非通知に切り替わり相手に表示されているだけなのです。
よって、事件性のある内容で警察などが電話会社に後から開示を求めればその不審者の番号が記録・開示されているのです。
事件性の高い内容であれば警察は相手の番号から契約者を特定できるのです。
また公衆電話からのいたずら電話でも同様に拒否設定可能ですが、警察は公衆電話の設置場所も特定でき、そこで張り込みし、逮捕できるのです。
警察に被害届けを出す場合は、いたずら電話の日時、回数など記録しておく必要があります。(※通話録音もあれば尚、良いと思います)

相談・お見積無料親身になって対応致します

▲ タップをすると電話をかけられます ▲

女性相談員を
ご希望の方は

▲ タップをすると電話をかけられます ▲